夏の間に汗や臭いが付いたソファのお手入れは?

夏の暑い間に汗の臭いや皮脂を含んでしまったソファの汚れにお悩みではありませんか?

季節の変わり目に汚れを落としさっぱりさせましょう。

①布張りのソファのお手入れ

ソファ

皮脂汚れや臭いを軽く取るなら、重曹がおススメ。

100円ショップで売っている掃除用の重曹を準備し、、ひじ掛けも含めたソファ全体に
まんべんなく振りかけます。

重曹

そのまま一晩おき、翌日掃除機で重曹を吸い取れば完了です。

重曹は脂を吸収し、脱臭の効果もあるので、丸洗いできないものを全体的に
綺麗にするのに向いています。

注意する事は、重曹をきちんと取り除いておかないと、湿気を吸った
重曹が固まってしまうので、掃除機は丁寧にかけることです。

ソファにシミ等が付いてしまったときは、小さなシミには食器用中性洗剤が有効です。

洗剤を数滴落としたぬるま湯に、糸くずが出ない「ニットクロス」や「マイクロファイバー」
の布を浸し固く絞って拭くといいそうです。

汚れの面積が大きい場合は、市販されている布張りソファ用のフォーム状の
洗剤を使うと汚れが浮き上がって取りやすいそうです。

只、泡の水分が表面の布に留まらないで、ウレタンなどに染みてしまうともあって、
湿気の多い時期だと、中々乾かないで、カビの原因になる可能性もあるので
晴れて乾燥している時を選んで試すと良いようです。

ソファに目立った汚れがなくても、月に1度はソファ全体に掃除機をかけるだけで
より長持ちをするのでおススメです。

ソファ手入れ1

②革張りのソファの場合

どういう革かによって、手入れの方法は違ってきますが、
基本は柔らかい布で、優しく拭くこと。

ソファ手入れ

インターネット上では、牛乳を薄めたものやハンドクリームを付けて
拭く方法が紹介されていたりしますが、止めた方がよさそうです。

牛乳で拭くと、その時はつやが出ますが、革の表面が硬くなり、カビの原因にもなり、
ハンドクリームはべたつき、却って汚れやすくなってしまいます。

特に革張りのソファの場合は、購入時に手入れに仕方をきちんと確認し、
出来れば汚れを取る専用のクリーナーなども一緒に購入しておくといいみたいですね。

 

 


スポンサードリンク

関連記事

「トピアリー」気軽に樹木で造形しませんか!

トピアリーはヨーロッパで生まれた園芸で、日本タオピアリー協会では「植物を 人工的・立体的に形作る造

記事を読む

もうすぐオフィス街の路上販売のお弁当屋さんが無くなる・・・!?

ランチはオフィス街の路上販売のお弁当が定番と言う方も多いんじゃないかしら。 お気に入りのお弁当

記事を読む

「年末調整」って? 年末調節すれば確定申告はしなくていいの?

この季節「年末調整」と言う言葉をよく耳にしますね。 サラリーマンは、毎月の給料やボーナスから税

記事を読む

防災グッズ色々お目見え 日ごろの備えを意識しましょう

⦿美味しい非常食セット まずは何はともあれ非常食セットです。 ★美味しい非常食セット

記事を読む

防災用非常食は 「ローリングストック法」で備蓄しましょう

9月1日は防災の日です。 日頃からいざという時のために対策をしておきましょう。

記事を読む

お墓の多様化。あなたの選択は樹木葬?それとも・・・

お墓が多様化してきました。 「○○家の墓」ではなく、個人や夫婦の墓、他人の遺骨と一緒に自分の遺

記事を読む

自分の身体は 脳内独り言 を操って自分でコントロールできる!?

体の機能をコントロールしているのは、脳です。 脳がどのような信号を出しているのか一番分かりやす

記事を読む

5感で味わうクラフトビール

食欲の秋はビールも一層美味しく感じられますね。 最近は色、香り、味をまるでワインのように楽しむ

記事を読む

お墓参りの際のお墓の掃除と正しい手入れって?準備するものは?

夏休みやお盆、お彼岸のお墓参りは御墓を手入れするチャンスです。 丁寧に掃除をしてお墓を綺麗にし

記事を読む

申年には縁起物の 赤い下着 で勝負しましょう!

来年2016年は12年に一度の申年にあたります。 古くから「申(サル)」は「去る」を意味し、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑