国民総筋肉量って?人生ラスト10年 生活の質を下げないために

生活の質がどうであれ、できるだけ長生きしたいと思いますか?

やはり皆さん「ピンピンコロリ」が理想と思ってるんじゃないでしょうか。

今、命の価値観は自分の力で最期まで生き抜きたいと言うことだと思います。

「人生ラスト10年問題の内容を具体的に見ていくと、まず歩けなくなり、次に食べられなくなり、
そして認知できなくなり、という順番になることが多いのです」

そう話すのは(社)チーム医療フォーラム代表理事 秋山和宏医師です。

こうならないために何が必要なの?って思いますが、
それは筋肉量を減らさないことなのだそうです。

国民総筋肉量

「筋肉量が多ければ歩けなくなることを防げます。
さらに、食べたり飲んだりする舌の筋肉は骨格筋(骨を動かす筋肉)の量に
左右されることがわかってきました。筋肉量を維持し、歩き続けることが、
食べ続けることにつながり、さらに認知症の予防にもつながります」

加齢などによる筋肉の低下を、サルコペニアと言うそうです。

サルコは(sarco:筋肉)でペニアは(penia:減少)するという意味です。

そのままのネーミングですね(笑)

「ある研究者が、ラスト10年問題に直面している高齢者の介護保険費と、
後期高齢者の筋肉の減少量から、筋肉が100グラム減ると介護保険費
いくらかかるかを試算しました。それによると、75歳の男性で100グラムの筋肉は
約16.5万円に相当します。75歳の女性では約21.4万円です」

それだけ筋肉には価値があるってことなんでしょうね。

筋肉量に価値を見出し、国民の筋肉量で健康レベルを表そうというのが、
国民総筋肉量(GDM)です。

国民総筋肉量(GDM)が高ければ、その国の健康レベルが高いということになります。

「特に、ラスト10年の年齢にさしかかったら、貯金ならぬ、貯筋をすることで、
歩けなくなる、食べられなくなる、認知できなくなる、の3つの節目を
緩和することが期待できます」

「メディカル・ウォーキング」運動療法と栄養療法の合体が効果的!

国民総筋肉量(GDM)を増やすために、秋山医師が普及に取り組んでいるのが、
メディカル・ウォーキングです。

「メディカル・ウォーキングは、運動療法に栄養療法を加味した
医学的知見に基づくウォーキングです。

それは歩くスピードです。

walking-feature-opener-400x400

75歳~84歳では、歩行速度が0.1m/秒早くなるごとに、死亡リスクが12%低くなるという
論文もあります。

ところが運動すれば筋肉が増えると思いがちですが、
意外なことに運動をするだけでは、筋肉は増えないのです。

栄養状態が悪いと運動すればかえって筋肉は減ってしまうのです。

そこが大事なところで、少し早く歩く速歩などの有酸素運動を行って
その後アミノ酸含有の食品を摂れば効果的に筋肉が増えるそうです。
アミノ酸が含まれる食品は、卵・乳製品・豆類・肉・魚などですが、
ウォーキングをしたら牛乳を飲めば手軽に筋肉を増やせるようです。
アミノ酸が含まれる機能性食品飲料でもいいそうですよ。

NHKのためしてガッテンでは効率よく筋肉を増やす方法として、
「インターバル速歩」を薦めています。

国民総筋肉量1

・ややきつめの速歩を3分間行ったら、ゆっくり歩きを3分間、そのあとまた速歩3分、とい
うように、ゆっくり歩きと速歩を交互に繰り返します。

・終わってから30分以内に、コップ1杯の牛乳を飲む

※最初は1日15分くらいから始め、最終的には1週間で速歩の時間が合計60分になるのを
目標にしてください

と言うものです。

「ピンピンコロリ」のためには、筋肉がいかに大切か納得ですね。

地道な努力で筋肉を増やすことが大事ということですね。

 

 


スポンサードリンク

関連記事

阿波晩茶はどんなお茶?何が珍しいの?碁石茶とは違うの?

テレビ東京『主治医が見つかる診療所』で阿波晩茶のことが放送されました。 阿波晩茶って初めて聞く

記事を読む

こめ油って?危険?実際はどうなの?

最近こめ油への評価が上がっています。 植物油には、消費量が多い順に 菜種油、大豆油、コーン油、

記事を読む

ココナッツオイル が良いとされる訳

「ココナッツオイル」 最近よく耳にしますがどうして そんなにいいって言われるんでしょうか?

記事を読む

グレープフルーツと薬 相性が悪いって? その真相は?

グレープフルーツって「おいしくて、ヘルシー」と人気の果物です。 グレープフルーツは西イ

記事を読む

ココナッツシュガーがいいってホントかな?真実は?!

ココナッツシュガーは、ヤシの木に咲く花の花蜜を乾燥させてつくったもので、 糖質の吸収がゆっくり。血

記事を読む

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありません。 活性酸素を生む要

記事を読む

皮付きホットリンゴで健康効果アップ!その訳は?

リンゴは「医者知らず」と言われるほど、栄養価が高く、 世界中で愛され続けています。

記事を読む

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかないくらい大きなパワーを持っていま

記事を読む

ボブから変身 夜会巻・簡単手順

ボブだから夜会巻なんてとんでもないって思ってませんか? いえいえ、ボブヘアでも夜会巻が出来るん

記事を読む

アミノ酸とは? 意外と知られていない効果とスコア

アミノ酸とは私たちの身体そのものがアミノ酸でできていると言ってもいいほど 大きなウェイトを持つ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑