亜麻仁油 えごま油ってどうなの?

亜麻仁油もえごま油もオメガ3脂肪酸が豊富な点で優れた栄養価を持つ油として
知られています。

ではオメガ3脂肪酸って何なのでしょうね。

Omega3-y-6

脂質は人体のエネルギーを生み出します。

その一種である脂肪酸は、脳や細胞膜、ホルモンなどの構成材料になる重要な栄養素です。
この脂肪酸は大きく、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

・飽和脂肪酸・・・肉や乳製品など主に動物性の脂肪
その多くが常温で固形になるものです。人の体内で作ることができます。

牛や豚は人間より体温が高いため動物の体内にある脂肪は固まることなく、溶けた状態です。
けれど体温が低い人間の体内では固まりやすくなり、さらに動物性脂肪は
コレステロールを含んでいるので、それが「血液ドロドロ」になるといわれている理由です。

・不飽和脂肪酸・・・ベニバナやコーン、オリーブ、亜麻仁、えごまなど
主に植物性の脂肪で常温で液体となるものです

★不飽和脂肪酸は化学構造の違いから、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪
酸に分けられます。

・一価脂肪酸は「オメガ9」と呼ばれるオレイン酸で、
オリーブ油やキャノーラ油、紅花油などがあります。
酸化しにくく、加熱処理にも向いています。

オメガ9は、食べ物から摂取するほか、飽和脂肪酸と同様に体内で作ることができます。

・多価不飽和脂肪酸はさらに「オメガ6」と「オメガ3」に分けられます。

オメガ6もオメガ3も、体内で合成できない必須脂肪酸ですから、
食品から摂取する必要があります。

・オメガ6の代表的な脂肪酸はリノール酸で、
コーン油・ひまわり油・大豆油・ゴマ油などに含まれます。

リノール酸が不足すると、皮膚状態が悪化したり、肝臓や腎臓などに
トラブルが起こることもあります。

でもリノール酸の必須量は1カロリー%で、普通に摂取されている
米麦、卵、肉類など主食的なものの中に必須量の2倍以上が含まれています。

普通に食事をしている限り、リノール酸欠乏症になることはなく、
反対に日本人は必須量の6倍以上を摂取しています。

これを何とかして半減、又は3分の1以下に減らすかが課題となっています。

・それに引き換え青魚をはじめ、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、
緑黄色野菜、豆類などの食品に含まれる含まれるαリノレン酸は、
オメガ3に分類される脂肪酸で、この脂肪酸は細胞が正しく機能するためには
不可欠なものであることがわかってきました。

現代人があえて意識して摂取する必要がある脂肪酸はオメガ3脂肪酸だけです。

では亜麻仁油とえごま油の違いはなんでしょう。

20091111074516

亜麻仁油とえごま油は上質な脂肪酸を含みます。

亜麻仁油は亜麻の種子である亜麻仁から抽出した油、

ws000002

えごま油はその名の通りえごまから抽出した油であり、全く違う種類の油ではありますが、

B_9lRvqUsAErbWG

栄養面では似ています。

740

どちらもαリノレン酸が豊富
亜麻仁油もえごま油もオメガ3脂肪酸が豊富な点で優れた栄養価を持つ油として
知られていますが、特にどちらもαリノレン酸が豊富な点が優れています。

αリノレン酸はオメガ3脂肪酸の中でも特有の抗炎症作用を持っていたり、
必要に応じてDHAやEPAへと変換されるなど特に有用な脂肪酸です。

オメガ3(DHAやEPA)には、
血液中の脂質濃度を下げる働きがあるといわれていることなどから、
次のような効果があると期待されています。

●コレステロールを下げる(LDLコレステロールを下げる)

●中性脂肪を下げる

●動脈硬化・心筋梗塞予防

●高血圧予防

●脂肪肝(肝臓の病気)予防

●脂質異常症(高脂血症)予防

●加齢黄斑変性予防

●ダイエット

●メタボリックシンドローム予防

●脳の活性化による記憶力のアップ

●認知症予防

●花粉症・アトピー性皮膚炎などアレルギー症状の緩和

●抗うつ作用・イライラを抑える

亜麻仁油とえごま油違いは重量比です。

亜麻仁油・えごま油どちらもこのαリノレン酸が豊富なため
健康維持に役立ちますが、えごま油は重量比で25%弱がαリノレン酸なのに対し、
亜麻仁油は50%弱ものαリノレン酸を含むため、
健康面だけで選ぶならば亜麻仁油の方が優れていると言えるかもしれません。

この二つではどちらというより、より低温抽出で、鮮度・品質も上の製品、
メーカーのを選ぶことの方が大切だと思います。

食べ方は、そのまま飲む人もいるようですが
お茶や野菜ジュース、味噌汁に入れて飲んだり、
納豆や豆腐にかけたりすると風味が増すので食べやすいようです。

サラダのドレッシングにしてもいいですね。

いずれにしても早く使い切ること、加熱しないことが重要のようです。


スポンサードリンク

関連記事

腹筋しても中々痩せない「ポッコリお腹」を凹ます極意は?

毎日腹筋を欠かさないのに相変わらずの「ポッコリお腹」ガッカリ・・・ そんな方多いのではないかしら。

記事を読む

レンコンで粘膜強化!「ノロウイルス」「インフルエンザ」等感染症予防に!

古くから食料としても大切にされてきたレンコンですが 最近では、驚きのレンコンパワーとして NHK

記事を読む

就活その前髪で行く?好感度アップの前髪作り方

就活では第一印象ってやっぱり大事ですね。 第一印象のほとんどは髪型で決まるんですって。

記事を読む

阿波晩茶はどんなお茶?何が珍しいの?碁石茶とは違うの?

テレビ東京『主治医が見つかる診療所』で阿波晩茶のことが放送されました。 阿波晩茶って初めて聞く

記事を読む

アタマジラミ 子供に流行!対策と予防!

東京都内の保育園に通うA君が「頭が痒い」と訴えるので母親が調べると アタマジラミが見つかり、慌てて

記事を読む

「二の腕」のエクササイズは全身の老化も食い止めるって!?

「二の腕」のたるみが全身の老化に直結するって? 「二の腕」のたるみって鍛えにくいですよね。

記事を読む

ココナツオイルでアルツハイマー病の進行を抑えたメアリーのお話

アルツハイマー病は未だによく分からない進行性の 神経変性疾患です。 最終的には寝たきりになる

記事を読む

金芽ロウカット玄米って?大丈夫なの?

TBS系列「あさチャン!」の 「チャン知り」のコーナーで、白米感覚で食べる玄米『金芽ロウカット玄米

記事を読む

ココナッツオイル が良いとされる訳

「ココナッツオイル」 最近よく耳にしますがどうして そんなにいいって言われるんでしょうか?

記事を読む

シュガースクラブ 手作りで美肌を手に入れましょう!

これからの季節、半袖やサンダルなど、肌の露出が増えますが、 ガサガサのひざやかかとが気になって、素

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑