要注意!スポーツドリンクでも「ペットボトル症候群」

この暑さの中、熱中症対策に清涼飲料水やスポーツ飲料を飲んでるから
大丈夫って思っていませんか?

ペットボトル症候群1

『ペットボトル症候群』とは?

スポーツドリンク、清涼飲料水などを大量に飲み続けることによっておこる
急性の糖尿病のことです。

ペットボトルの普及と手軽さから知らず知らずのうちに
過剰な糖分を摂取している可能性があるのです。

糖分がたくさん含まれている清涼飲料水、ジュース
(100mlあたり5~10gの糖分を含んでいます)をがぶ飲みすると、
のどの渇き→糖分の多い飲み物を飲む
→血糖値の上昇
→さらにのどが渇く
→また甘いものを飲む、という悪循環に陥り、

持続的な高血糖→次第にインシュリン分泌能が低下、インシュリンの感受性も低下
→糖分を代謝できなくなり脂肪分の分解でエネルギーを産生するようになる
→ケトン体の生成
→ケトアシドージス(体が酸性になる)
→全身倦怠、意識もうろうとなります。

重症になると意識がなくなり生命にも危険がおよび、救急搬送が必要な状態となります。
又スポーツドリンクにも約5~10%の糖質が含まれているといわれています。

仮に5%のスポーツドリンク(500ml)を1日2本飲むと、25g×2本で50g。

角砂糖(1個4g)に換算すると、12個分にもなります。

ペットボトル症候群

人間が1日に摂取する糖分量の目安は20~40gといわれており、
スポーツドリンクだけでこれを上回り、その上食事でも糖分を補給するので、
こんな生活を続けていると糖尿病のリスクが高まってしまいます。

糖質の量を少なくしたり、体内で吸収しにくく
エネルギーになりにくい人工甘味料を使ったりする
「カロリーオフ」や「カロリーゼロ」も実は注意が必要です。

カロリーオフ

「カロリーオフ」や「カロリーゼロ」の多くの商品は
糖質の量を少なくしたり、体内で吸収しにくく
エネルギーになりにくい人工甘味料を使っていたりしますが、
「カロリーオフ」は100ml当りのエネルギーが20kcal以下の場合に、
「カロリーゼロ」は5kcal未満の場合に表示できるので
エネルギーがないということではありません。

またこうした人工甘味料を体内に過剰摂取することに対し、
腎臓機能障害を始めとするさまざまな人体への影響が懸念されています。

熱中症の予防の基本は暑さ湿気の対策とこまめな水分の補給です。

糖尿病の方はもちろんですが、糖尿病の予備軍や肥満の方も
「ペットボトル症候群」になりやすく、特に注意が必要なので
清涼飲料水のがぶ飲みは控えましょう。
望ましいいのは、水分はミネラルウォーター(水)やお茶で補給し、
多量に汗をかいた時には水分だけではなく塩分の補給も必要なので
1Lの水やお茶に食塩1~2g(0.1~0.2%の食塩水)を入れたものを飲むと
いいようです。

 

 


スポンサードリンク

関連記事

柚子を使いこなしてその恩恵を丸ごとゲット!

柚子は、日本では奈良時代から親しまれてきましたが、 その割には、焼き魚に搾ってかけたり、お吸い物に

記事を読む

チアシードとは 徹底分析してみました~

チアシード(Chia seed)は、 古くはマヤ民族やアステカ民族の時代から 主要な栄養源のひと

記事を読む

腹筋しても中々痩せない「ポッコリお腹」を凹ます極意は?

毎日腹筋を欠かさないのに相変わらずの「ポッコリお腹」ガッカリ・・・ そんな方多いのではないかしら。

記事を読む

炭酸水ってホントに身体にいいの?それとも悪いの?

炭酸水は、炭酸ガスを含む水で、通常の水と同じように体内に吸収されます。 炭酸水を水と同

記事を読む

害虫に効くハッカ油よりすごいっていうヒバ油ってどんなの?

ヒバ油って青森のヒバの木材から採れる天然の精油のこと。 青森ヒバは秋田杉、木曽檜と並んで日本三

記事を読む

ココナツオイルでアルツハイマー病の進行を抑えたメアリーのお話

アルツハイマー病は未だによく分からない進行性の 神経変性疾患です。 最終的には寝たきりになる

記事を読む

ココナッツシュガーがいいってホントかな?真実は?!

ココナッツシュガーは、ヤシの木に咲く花の花蜜を乾燥させてつくったもので、 糖質の吸収がゆっくり。血

記事を読む

アミノ酸とは? 意外と知られていない効果とスコア

アミノ酸とは私たちの身体そのものがアミノ酸でできていると言ってもいいほど 大きなウェイトを持つ

記事を読む

阿波晩茶はどんなお茶?何が珍しいの?碁石茶とは違うの?

テレビ東京『主治医が見つかる診療所』で阿波晩茶のことが放送されました。 阿波晩茶って初めて聞く

記事を読む

ブロッコリースプラウト 毎日買うのも大変!じゃあお家で栽培しちゃいましょう♪

アンチエイジング,がん予防,肝機能アップ,デトックス! 凄い効果のブロッコリースプラウトをお家

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑