腹筋しても中々痩せない「ポッコリお腹」を凹ます極意は?

毎日腹筋を欠かさないのに相変わらずの「ポッコリお腹」ガッカリ・・・
そんな方多いのではないかしら。

腹筋

と言う私も毎日腹筋に励んでるんですが、中々夢見る腹筋割れには程遠く・・・

筋トレを毎日してるにも拘らずお腹の脂肪が落ちないのは
それ以外に問題があると考えた方がいいみたいなんです。

確実に「ポッコリお腹」を凹ませる極意はあるようなので、ご紹介しますね。

勿論今日から私も実践です。

①体脂肪は食事で落とす

腹筋に負荷をかけると筋肉が大きくなるだけなので、
脂肪は減らないし、お腹は割れ無いそうです。

やはり部分痩せは儚い夢みたいです。

②タンパク質を摂る

痩せやすい体を作るには、一回の食事で手のひら大のタンパク質量を目安に、
肉や魚からタンパク質を摂取カロリーが過剰にならない程度に
取ることが大切だそうです。

カロリーを気にして、野菜中心の食生活になりがちですがが、
それはかえって内臓が冷えて代謝が落ち、
お腹に脂肪をため込みやすくなるそうです。

反省・・・
3. 有酸素運動を行う

体脂肪は、全身均等に増加し、均等に減少するという性質があって
お腹だけをトレーニングしても、お腹の脂肪だけが減ることにはならないそうです。

やっぱりね・・・
有酸素運動によって全身の筋肉量を増やし、基礎代謝を増し『やせ体質』をつくって、
全身の体脂肪を減らすことが、結果お腹の脂肪を減らすことに繋がるので
と廻り見ただけど結局お腹を凹ます近道なんですって。

腹筋は表面的な筋肉で、太ももやお尻などの大きな筋肉と比べると面積が小さいため、
おなかだけを鍛えても筋肉量はそれほど増え無いそうです。
その点、『やせ体質』をつくるのに効率が良いスクワットなら、
わざわざ腹筋をしなくてもおなか周りの脂肪が落ちるって。

お腹痩せ効果の高いスクワットのやり方は、通常のスクワットと異なり
腕を後ろに引きながらやるのがポイントです。

スクワット

又より効率的に脂肪を燃焼させるには、息を吸ってお腹を意識的に凹ませる
「ドローイン」とスクワットを組み合わせたトレーニングが効果的だそうですよ。



間違った方法では努力も甲斐のないもになってしまいます。

努力した分だけ結果が出る方法で「ポッコリお腹」の
解消を目指しましょう。

 


スポンサードリンク

関連記事

チアシードとは 徹底分析してみました~

チアシード(Chia seed)は、 古くはマヤ民族やアステカ民族の時代から 主要な栄養源のひと

記事を読む

「あかぎれ」の悩み対策 5つの方法

夏の間はすべすべしていた手も寒くなってきた途端あかぎれが出来て 痛みと同時に見た目もガサガサ。手を

記事を読む

アタマジラミ 子供に流行!対策と予防!

東京都内の保育園に通うA君が「頭が痒い」と訴えるので母親が調べると アタマジラミが見つかり、慌てて

記事を読む

ボブから変身 夜会巻・簡単手順

ボブだから夜会巻なんてとんでもないって思ってませんか? いえいえ、ボブヘアでも夜会巻が出来るん

記事を読む

就活その前髪で行く?好感度アップの前髪作り方

就活では第一印象ってやっぱり大事ですね。 第一印象のほとんどは髪型で決まるんですって。

記事を読む

ココナッツオイル が良いとされる訳

「ココナッツオイル」 最近よく耳にしますがどうして そんなにいいって言われるんでしょうか?

記事を読む

ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」という意味です。 もともと

記事を読む

こめ油って?危険?実際はどうなの?

最近こめ油への評価が上がっています。 植物油には、消費量が多い順に 菜種油、大豆油、コーン油、

記事を読む

要注意!スポーツドリンクでも「ペットボトル症候群」

この暑さの中、熱中症対策に清涼飲料水やスポーツ飲料を飲んでるから 大丈夫って思っていませんか?

記事を読む

柚子を使いこなしてその恩恵を丸ごとゲット!

柚子は、日本では奈良時代から親しまれてきましたが、 その割には、焼き魚に搾ってかけたり、お吸い物に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑