浴衣レッスン②歩き方

浴衣可愛くって素敵ですね。

この季節気軽に着れる浴衣。

浴衣

何にでも拘束があるからこそ生まれる美しさと言うものがあるように思いますが、
着物にも同様に歩き方、階段、乗車のしかたなど立ち居振る舞いで
その美しさが際立つ気がします。

街で着物姿を見かけるとやっぱり注目してしまいます。

日本人であれば誰だって着物姿は美しいものです。

ですから美しくないと言うのはその容姿ではなくてその動き・立ち居振る舞い
のことですね。

着物を着た時の独特の立ち居振る舞いを楽しんでこの夏浴衣美人に挑戦しましょう。

歩きやすくするための裏ワザ

浴衣の場合裾よけを付けている場合です。

●裾割りをする

人前では見せられない格好なのでこっそり行ってくださいね。

着付けの後、足を肩幅に開き、裾を左右に開くよう軽~くスクワットするような感じで
膝を軽く2~3回曲げます。

浴衣の裾まわりの窮屈さが緩和されたら大丈夫です。

真っ直ぐに立ち、上前と下前をきちんと整えておきましょう。

裾割りをしておくと裾が開きやすくなるためとても歩きやすく、着崩れも防いでくれます。

これをするのとしないのとでは後々大違いです。

歩き方です

●狭い歩幅で歩きましょう

浴衣を着ると裾まわりに合わせて自然に歩幅が狭まり、内股ぎみになります。

歩きにくいと感じるその歩き方が、着物や浴衣では自然で美しいので
それが当たり前だと思って静々歩いてください。

背中に帯があるため背筋もシャンと伸びるので、美しい姿を保ちながらで歩けます。

●下駄と足裏が離れないように歩きましょう

下駄

下駄と足が離れるとカランカランと大きな音を立てるので
しっかり足先に力を込めて下駄と足裏が離れないようにしましょう。

● 手も大切

歩幅を狭く静々と歩いていれば手は振らなくて済みますし
腕もだらんと伸ばさないで、少し肘を曲げほんの少し袖の中に引っ込めるといい感じです。

少し肘を曲げ

● 上前をおさえると安心だし奥ゆかしく見えます(^^)

少し肘を曲げほんの少し袖の中に引っ込める

右手で右の太ももの脇のあたりの上前を軽くおさえながら歩くと
少々急ぎ足で歩いたり風が吹いたりしても裾がめくれ上がることもなく安心ですし、
上前にそえた右手が奥ゆかしく見え素敵です。
最初に着物で歩いたときに感じた歩幅や足の動きを心に留めておけば、
自然と美しく歩けてるみたいですよ。

本人は歩幅が狭まり、内股ぎみなのが歩きにくいって感じてるかもしれませんが
よそ目にはそれがしとやかで美しく見えてるってことを忘れないで
自信をもって歩きましょう。

 

 


スポンサードリンク

関連記事

らっきょうの栄養とその食べ方

らっきょうの旬は5月頃から始まり、7月頃まで続きます。 最も多く作っているのは鹿児島県で次いで

記事を読む

あじさい祭り 栃木県

★吉祥寺 吉祥寺は足利氏5代目頼氏が弘長年間(1261~63)に創建したお寺です。 お寺の南

記事を読む

あじさい見どころとあじさい祭り 神奈川県

・横浜・八景島シーパラダイス あじさいの滝、あじさい坂、あじさいロードなどに2万株の紫

記事を読む

新茶 の季節。栄養丸ごと頂戴します!

新茶 の季節です。 緑茶は血糖値の抑制やコレステロール低下、肥満予防などの効果が注目さ

記事を読む

あじさい祭り 茨城県

あじさいの美しく映える季節になってきました。 茨城県のあじさいの情報です♪ ・保和苑

記事を読む

カツオ 旬 人気はなぜ?寿命がのびる?

初カツオは、「カツオのたたき」が人気。薬味をたっぷりかけて旬を頂きたいですね。 カツオ

記事を読む

ふるさと納税で 佐藤錦♪

ふるさと納税は、自治体への寄附金のことです。 個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民

記事を読む

ニリンソウ トリカブトと間違えたらだめよ!

ニリンソウの名前は、花茎の茎頂に花を二つつけるので「ニリンソウ(二輪草)」です。 そのまんまで

記事を読む

キビタキ 美しい声と姿!ナルシッス フライングキャッチャー

キビタキ【narcissus flycatcher】は 鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。

記事を読む

ほたるを見に行こう~ 観賞スポット 関西

ホタルは豊かな自然のバロメーター、日本の季節を感じることが出来る 素敵な光のイルミネーションです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑