白木蓮とこぶし 違うの?

春になるといろいろ花が咲きだします。

桜は勿論美しいですが、真っ白な白木蓮(ハクモクレン)も目につき

この季節の花としてまた違ったその美しさに目を奪われます。

その白木蓮、辛夷(コブシ)ととてもよく似ていますね。

その違い、見分け方ご存知ですか?

白木蓮、辛夷(コブシ)どちらも「マグノリア」の一品種です。

白木蓮とコブシは元々近い仲間で良く似ています。

パッと見には区別がつきにくいようですが、

白木蓮はゴージャス。コブシはなんとなく日本的で清楚な感じです。

白木蓮 ⇩

moku10

科属

・白木蓮はモクレン科ハクモクレン亜属、ハクモクレン節
・コブシはモクレン科ハクモクレン亜属、コブシ節

原産地

・モクレンは中国原産
・コブシは日本原産

開花時期

・白木蓮は、3/10~4/10頃なのに対して、
・辛夷(コブシ)は、3/15~4/15頃です。

咲く時期は、こぶしの方が、少し、遅くなります。

花底の色

・白木蓮は花底が白い
・コブシは花底が赤い

花の向き

・白木蓮は花が上を向いています。
・コブシは花があっちこっち向いています。

花の開き具合

・白木蓮は花が閉じたような感じで咲き咲き全開しません。
・コブシは、しっかり全開します。

花の大きさ

・白木蓮は花が大柄。大きさは、8~10cm。花びらの幅が広く、厚みがあります。
・コブシは少し小柄。大きさは、4~5cm。花びらの幅が狭く、より薄くなっています。

葉の違い

・白木蓮は、花が咲いている時、
花の付け根に葉っぱがありません。モクレンでは花の時期に葉がありません。
・コブシは花の付け根に葉が一枚ついています。

254hana0099

但し、総ての花に葉が付いているとは限らないので、丹念に観察してくださいね。
白木蓮とコブシは元々近い仲間で良く似ています。

花の大きさ
花の咲く方向
花に葉っぱがついているかどうか

という3つのポイントで見分けるのが一番確かだと思います。

小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから
No.1にならなくてもいい
もともと特別な only one
SMAPの歌を思い出してしまいます。
白木蓮と辛夷(コブシ)の違いをしっかりと見分けて、
それぞれの美しさを堪能して、
春の訪れを楽しみたいですね。

 


スポンサードリンク

関連記事

ホタル祭りに行ってホタルを見よう~東京都

東京のホテル祭り、もう終わっちゃったのは省きました。 以下参考にして下さいね。 ●港区 白金

記事を読む

水族館 この水族館のここがイイ!三ッ星水族館

★神奈川県/横浜・八景島シーパラダイス 八景島の中に、水族館、アトラクション、レストラン、ショ

記事を読む

らっきょうの栄養とその食べ方

らっきょうの旬は5月頃から始まり、7月頃まで続きます。 最も多く作っているのは鹿児島県で次いで

記事を読む

イースター2015年はいつ?イースターエッグやうさぎって?

イースターとはキリスト教の文化で、キリスト教の行事の中でも最も重要なもので 十字架に架けられたイエ

記事を読む

ほたるを見に行こう~ 観賞スポット 関西

ホタルは豊かな自然のバロメーター、日本の季節を感じることが出来る 素敵な光のイルミネーションです。

記事を読む

ビアガーデン 2015 東京

●森のビアガーデン 東京都新宿区霞ヶ丘町14-13 神宮児童遊園内 03-5411-3715

記事を読む

あじさい祭り 栃木県

★吉祥寺 吉祥寺は足利氏5代目頼氏が弘長年間(1261~63)に創建したお寺です。 お寺の南

記事を読む

花桃 その見事さ!

花桃 はバラ目バラ科サクラ属の耐寒性落葉低木です。 花を観賞するために改良されたモモで、花つき

記事を読む

土用の丑の日はウナギ!1度で3度美味しい名古屋名物「ひつまぶし」厳選8店 

7月24日は土用の丑の日ですね。 夏の暑さでバテ気味な身体にビタミンA・B1・B2・D・Eやミ

記事を読む

ネモフィラ 「死ぬまでに行きたい!日本の中の世界の絶景」青!

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園。 国が設置した四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる国

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑