白木蓮とこぶし 違うの?

春になるといろいろ花が咲きだします。

桜は勿論美しいですが、真っ白な白木蓮(ハクモクレン)も目につき

この季節の花としてまた違ったその美しさに目を奪われます。

その白木蓮、辛夷(コブシ)ととてもよく似ていますね。

その違い、見分け方ご存知ですか?

白木蓮、辛夷(コブシ)どちらも「マグノリア」の一品種です。

白木蓮とコブシは元々近い仲間で良く似ています。

パッと見には区別がつきにくいようですが、

白木蓮はゴージャス。コブシはなんとなく日本的で清楚な感じです。

白木蓮 ⇩

moku10

科属

・白木蓮はモクレン科ハクモクレン亜属、ハクモクレン節
・コブシはモクレン科ハクモクレン亜属、コブシ節

原産地

・モクレンは中国原産
・コブシは日本原産

開花時期

・白木蓮は、3/10~4/10頃なのに対して、
・辛夷(コブシ)は、3/15~4/15頃です。

咲く時期は、こぶしの方が、少し、遅くなります。

花底の色

・白木蓮は花底が白い
・コブシは花底が赤い

花の向き

・白木蓮は花が上を向いています。
・コブシは花があっちこっち向いています。

花の開き具合

・白木蓮は花が閉じたような感じで咲き咲き全開しません。
・コブシは、しっかり全開します。

花の大きさ

・白木蓮は花が大柄。大きさは、8~10cm。花びらの幅が広く、厚みがあります。
・コブシは少し小柄。大きさは、4~5cm。花びらの幅が狭く、より薄くなっています。

葉の違い

・白木蓮は、花が咲いている時、
花の付け根に葉っぱがありません。モクレンでは花の時期に葉がありません。
・コブシは花の付け根に葉が一枚ついています。

254hana0099

但し、総ての花に葉が付いているとは限らないので、丹念に観察してくださいね。
白木蓮とコブシは元々近い仲間で良く似ています。

花の大きさ
花の咲く方向
花に葉っぱがついているかどうか

という3つのポイントで見分けるのが一番確かだと思います。

小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから
No.1にならなくてもいい
もともと特別な only one
SMAPの歌を思い出してしまいます。
白木蓮と辛夷(コブシ)の違いをしっかりと見分けて、
それぞれの美しさを堪能して、
春の訪れを楽しみたいですね。

 


スポンサードリンク

関連記事

ニリンソウ トリカブトと間違えたらだめよ!

ニリンソウの名前は、花茎の茎頂に花を二つつけるので「ニリンソウ(二輪草)」です。 そのまんまで

記事を読む

浴衣レッスン ①浴衣を着た時の トイレの仕方

折角女っぷりを上げるために着た浴衣。 でも着なれていないとトイレはどうすればって戸惑っ

記事を読む

デング熱 予防接種や予防方法はある?特効薬はある?

昨年は約70年振りにデング熱が発生し、代々木公園の一部が閉鎖され 世間が騒然となりましたが、今

記事を読む

キビタキ 美しい声と姿!ナルシッス フライングキャッチャー

キビタキ【narcissus flycatcher】は 鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。

記事を読む

浴衣レッスン③階段の上り下りと車の乗り降り

着なれない浴衣や着物で目の前に階段が立ちはだかったとき 思わず、ハタと立ち止まってしまいそうですね

記事を読む

土用の丑の日はウナギ!1度で3度美味しい名古屋名物「ひつまぶし」厳選8店 

7月24日は土用の丑の日ですね。 夏の暑さでバテ気味な身体にビタミンA・B1・B2・D・Eやミ

記事を読む

2015年 母の日 プレゼント何がいいかしら…

母の日は5月の第2日曜日ですね。と言うことは2015年は5月10日ですね。 母の日のプレゼント

記事を読む

あじさい祭り 茨城県

あじさいの美しく映える季節になってきました。 茨城県のあじさいの情報です♪ ・保和苑

記事を読む

御衣黄 桜をチェック!

御衣黄(ギョイコウ)はオオシマザクラ系のサクラで、 京都の仁和寺で栽培されたのが始まりというのが有

記事を読む

あじさい祭り 埼玉県

・吉祥寺 毎年6月(土・日)「吉祥寺あじさい弁天まつり」が開催されます。 北関東を代

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑