ヒルドイド 「高価な化粧品より効果がある」って?実際は?使ってみました!

「夏にヒルドイドの話題っていうのもな」って思いながら

ヒルドイドクリームと
HPクリームの一本目が終わりかけたので、
自分が使ってどうだったかをお話ししたいと思います。

ヒルドイドっていう保険適用の処方薬が、アンチエイジングクリームとして
話題になりましたが、

美容外科や皮膚科の先生が「高価な化粧品より効果がある」と
発言しているのですから、女性の間で話題になるのも頷けます。

顔にはヒルドイドローションかビーソフテン油性クリーム、
手の指や踵のヒビ割れにはヒルドイドソフト軟膏を塗ります。
塗ると翌日には肌はスベスベです。
高価な美容液や美容クリームよりも効き目があります。

引用:こやの皮フ科院長ブログ

このヒルドイドローション、実は乳液の代わりに顔に塗るとお肌が
ツルツル・スベスベになります。
私の正直な感想を言うと、3万円の高級乳液より効果があると思います。
引用:札幌美容形成外科院長の日記

ヒルドイドは
保湿力が非常に高いことで知られていて、
角皮症、皮膚のカサつきを改善してくれます。

主成分はへパリン類似物質で、アトピー性皮膚炎の方や乾燥肌、
しもやけにも有効です。

3万円の高級乳液に匹敵すると言う噂を聞いて、
ヒルドイドを知ったのですが、

ヒルドイドの写真を見た時

ヒルロイド

これって家にあった気がするってビックリして薬箱を探したのです。

ありました!

以前しもやけが出来た時、内科医で何気で言ったら
ヒルドイド処方して下さったんですが、使わないまま
お薬箱行きとなっていたものです。

ひゃ~と思いながら怖々フェイスクリームとして使い始めました。

冬は当然皮膚は乾燥しますが、夏は夏でエアコンによる乾燥も深刻なものがあります。

又ネット上では美容マニアだけではなく、医療関係者や美容関係者も
「肌にハリが出る」「シワが消えた」「クマが消えた」と、
とにかく一度使うと手放せない様子です。

常に美肌を保たなければならない、モデルや芸能人にも愛用者は多いようです。

シミ効くというコメントもあります。

処方薬をこのような形で使っていいのかしらという気持ちをあっちにおいて、
アンチエイジングの言葉の誘惑に勝てず使い始めました。

結論から言うと良いです!(笑)

ヒルドイドが無くなり始めて、次はどうやって手入れたら・・・と今度は
そっちが心配になり始めました。

ヒルドイドそのものは処方薬なのでお医者様に行って
病状を言って、アトピーとか冬なら私のようにしもやけだとか・・・

でも美容のために何か症状をこしらえて処方して頂くのは
良心が許さない・・・ホントにひどい症状を抱えてる方に申し訳ありません。

でもヒルドイド使いたい・・・ヒルドイドの主成分は“ヘパリン類似物質”と呼ばれるもので
それが同じように含まれているものを探せばいいということに気が付き
検索しまくりました。

ヘパリンは私たちの身体に元々存在する物質でそれに似た物質を作ったので
“ヘパリン類似物質”と呼ばれています。

そのものずばりのネーミングですね(笑)

“ヘパリン類似物質”には

①高保湿作用・・・肌の潤いを取り戻し乾燥によるシワやくすみを防ぐ
②血行促進作用・・・新陣代謝を活発にしターンオーバーの乱れによるシミやクマを防ぐ
③抗炎症作用・・・炎症をおさえ肌を正常な状態にしニキビや肌荒れを防ぐ

の作用があるということなので、血行が良くターンオーバーがスムーズに行われ、
角質層の潤いが保てていることですから、
美肌のサポートしてくれるということなんですね。

アンチエイジングというのも嘘でもないかもしれません(^^)

肌のキメが細かくなるのは間違いないですね。

手にも塗っていますが、しっとりして自分の手じゃないような
キメの細かさです。

どの化粧品がいいか、中身に見合った価格設定がされているとは
中々思えないし、シンプルでしかも効果があると言うなら
この選択もいいのではないかと思います。

ネット上で“ヘパリン類似物質”を含んだクリームやローションが
見つかります。

アマゾンで【第2類医薬品】HPクリーム 60g HPCREAMはすぐ手に入りました。。

HPcream

同じ0.3%の含有量で第2類医薬品です。

ヒルドイドより良く伸び、クリーミーです。

処方薬なので副作用とか気になりますが、発売されて50年、
赤ちゃんや子供にも処方されているというので、安全と
みなしていいと思います。

私としては、暫くはお世話になりそうな気配です。


スポンサードリンク

関連記事

国民総筋肉量って?人生ラスト10年 生活の質を下げないために

生活の質がどうであれ、できるだけ長生きしたいと思いますか? やはり皆さん「ピンピンコロリ」が理

記事を読む

甘酒って2種類あるの!?どっちがいいの?作れるの?

甘酒って寒い時に身体を温める飲み物としてしか捉えていませんでしたが、 実は凄い効果効能があったんで

記事を読む

柚子を使いこなしてその恩恵を丸ごとゲット!

柚子は、日本では奈良時代から親しまれてきましたが、 その割には、焼き魚に搾ってかけたり、お吸い物に

記事を読む

ブロッコリースプラウト 毎日買うのも大変!じゃあお家で栽培しちゃいましょう♪

アンチエイジング,がん予防,肝機能アップ,デトックス! 凄い効果のブロッコリースプラウトをお家

記事を読む

ココナッツシュガーがいいってホントかな?真実は?!

ココナッツシュガーは、ヤシの木に咲く花の花蜜を乾燥させてつくったもので、 糖質の吸収がゆっくり。血

記事を読む

就活その前髪で行く?好感度アップの前髪作り方

就活では第一印象ってやっぱり大事ですね。 第一印象のほとんどは髪型で決まるんですって。

記事を読む

セラミドって?効果あるの?

最近、セラミドが乾燥から肌を守る保湿成分として注目されています。 セラミドとは人の肌表面で外界

記事を読む

アミノ酸とは? 意外と知られていない効果とスコア

アミノ酸とは私たちの身体そのものがアミノ酸でできていると言ってもいいほど 大きなウェイトを持つ

記事を読む

要注意!スポーツドリンクでも「ペットボトル症候群」

この暑さの中、熱中症対策に清涼飲料水やスポーツ飲料を飲んでるから 大丈夫って思っていませんか?

記事を読む

こめ油って?危険?実際はどうなの?

最近こめ油への評価が上がっています。 植物油には、消費量が多い順に 菜種油、大豆油、コーン油、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑