沈丁花(ジンチョウゲ)の香りはお好きですか?

今年も沈丁花の香りがそこここでしてきました。

沈丁花の開花は、その姿を見るより先に匂いで分かるため、
秋の金木犀(キンモクセイ)と同じように、
春の到来を告げる香りとして人々の記憶にも刻まれてきました。

f0130692_2311587

秋の憂いや哀愁を感じさせる金木犀に対して、春宵に漂う沈丁花は、
やさしく、かぐわしく爽やかで心躍るような香りです。

毎年この季節を楽しみにしています。

沈丁花は低木で、一年中葉が青い木で、庭木などに植えられています。

小さな花びらが固まって丸いボール状に咲きます。

挿し木で増やすそうですが、日本で植えられている木はほとんどが雄株だそうです。

沈丁花(ジンチョウゲ)という植物名は、
日本でついた名称で、香木の沈香(ジンコウ)と
スパイスの丁字(チョウジ)に似た香りがするところからきているそうです。

漢名では瑞香、睡香、あるいは遠くまで香るという意味から
七里香や千里香とも呼ばれています。

学名はギリシャ神話の女神ダフネにちなんでつけらました。

130806(18)

Duphne odora Thunb

odoraは芳香の意味です。オードトワレなどもここからきています。

いずれもその香りにちなんで名前が付けられたようですね。

一年中ジンチョウゲの香りを楽しみたいなって思い

ジンチョウゲの香水やアロマオイルはあるのかしらって調べてみました。

沈丁花から精油(植物から抽出された、天然100%のものであり、
人工香料など他の物が入ってないもの。フレグランスオイル、
ポプリオイルなどの人工香料ではありません。)は取れないそうです。

香水だといくつか出てますが、あくまで調口して再現したものです。

レモン+スズランの香りでかなり近くなるそうです。

沈丁花の香水だと、

香十「down to earth 沈丁花」

フローラルフォーシーズンズ「沈丁花」

等があります。

因みに花言葉は栄光、永遠だそうです。


スポンサードリンク

関連記事

あじさい祭り 群馬県

あじさいは不思議な色の変化で見る人の心を別世界へと誘い、 なんともいえない癒しを感じます。

記事を読む

新玉ねぎ 栄養と効果があまりにも凄い!一杯食べましょ!

玉ねぎは、日持ちを良くするために収穫してから 1カ月ほど乾燥させて出荷したものですが、 新玉ねぎ

記事を読む

土用の丑の日はウナギ!1度で3度美味しい名古屋名物「ひつまぶし」厳選8店 

7月24日は土用の丑の日ですね。 夏の暑さでバテ気味な身体にビタミンA・B1・B2・D・Eやミ

記事を読む

春キャベツ キャベツの美味しい旬の時期

キャベツの祖先は「ケール」なんです。 (英)Cabbage (仏)Chou(シュークリームの名前は

記事を読む

ニリンソウ トリカブトと間違えたらだめよ!

ニリンソウの名前は、花茎の茎頂に花を二つつけるので「ニリンソウ(二輪草)」です。 そのまんまで

記事を読む

らっきょうの栄養とその食べ方

らっきょうの旬は5月頃から始まり、7月頃まで続きます。 最も多く作っているのは鹿児島県で次いで

記事を読む

神楽坂まつり(ほおずき市・阿波踊り)2015・夏祭りデートで浴衣デビュー

今年も神楽坂まつりが、2015年7月22日~2015年7月25日の4日間 行われます。 情緒

記事を読む

イースター2015年はいつ?イースターエッグやうさぎって?

イースターとはキリスト教の文化で、キリスト教の行事の中でも最も重要なもので 十字架に架けられたイエ

記事を読む

ホタル祭りに行ってホタルを見よう~栃木県

文明の灯りを忘れ、自然の小さな生命の光を観賞しましょう! ●足利市 名草ほたるの里 25

記事を読む

あじさいスポット あじさい祭り 大阪府

●大阪府民の森 ぬかた園地(中部園地)あじさい園 ぬかた園地には生駒山中に、1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑