シュガースクラブ 手作りで美肌を手に入れましょう!

これからの季節、半袖やサンダルなど、肌の露出が増えますが、
ガサガサのひざやかかとが気になって、素肌を見せる自信が…
なんて方もいるかもしれませんね。

週に1~2回、香りも楽しみながら、
オンナを磨いて、夏のステキな出会いに備えなきゃ!

そこで活用したいのが、ボディスクラブ。

シュガースクラブ

スクラブというと塩のイメージが強いですが、
シュガースクラブは敏感肌やアトピー、赤ちゃんの肌にもとても優しくて
赤ちゃんの掻き傷を軽減させるスキンケアとしての
有効性も、日本小児看護学会で発表されています。

又皮膚のバリア機能を強化するので、
にきびの予防や顔ダニの駆除にも効果があることがわかっています。

シュガーの粒子はソルトに比べ、ソフトで角が丸みを帯びていて、水に溶けやすく
肌をマッサージするうちに溶けてしまうので肌の弱い方にもおすすめです。

モデルさんや女優さんも撮影前のお肌づくりに使っている身近なアイテムです。

砂糖の高い浸透力と高い吸水・保湿力により、
肌は水分をぐんぐん引き寄せるようになり、いつもしっとりなめらかなお肌なります。

使い方は、お肌のザラつきや、硬さが気になる部分を濡らします。

その部分にスクラブを塗り、クルクルと優しくマッサージしましょう。

シュガースクラブ5

その後はサッと洗い流しタオルで水分を拭き取ります。

 

思わず触れたくなるような、しっとりスベスベボディに仕上げてくれます♪

ローラ メルシエ ボディスクラブ クレームブリュレ(laura mercier)300g

こんな素晴らしい効果のあるシュガースクラブですが、お家で簡単に作る事が出来ます。

シュガースクラブレシピ

シュガースクラブ2

用意するもの

①ココナツシュガー:ミネラル、アミノ酸を多く含むので最高。

手に入らなければブラウンシュガーか白砂糖でも大丈夫。

②ココナッツオイル:無ければオリーブオイルでも

③エッセンシャルオイル:お好みで。純度の高いものを。

作り方

ココナツシュガーとココナッツオイルを1:1の割合で混ぜ合わせます。

エッセンシャルオイルはお好みで1~2滴を混ぜ合わせれば出来上がり。

ミネラル、アミノ酸を多く含みターンオーバーを促すココナッツシュガーを
美容成分をたっぷり含んだココナッツオイル となじんで
くすみを取り除き、明るく透き通った肌に導きます。

保湿効果をさらにプラスには、「はちみつ」をプラスしてもOKです。

手作りなのでアレンジはいくらでも可能です。

お好きな香りでお楽しみくださいね。

 

 


スポンサードリンク

関連記事

ブロッコリースプラウト どれぐらい食べると身体が喜ぶのでしょう?

今朝の朝イチでも取り上げられていたブロッコリーとブロッコリースプラウト。 ブロッコリー

記事を読む

ココナツオイルでアルツハイマー病の進行を抑えたメアリーのお話

アルツハイマー病は未だによく分からない進行性の 神経変性疾患です。 最終的には寝たきりになる

記事を読む

こめ油って?危険?実際はどうなの?

最近こめ油への評価が上がっています。 植物油には、消費量が多い順に 菜種油、大豆油、コーン油、

記事を読む

「水中毒」って?死亡することも!

「水中毒」ってどんな病気? 「水中毒」ってあまり聞きなれない言葉ですね。 聞いてもピンと

記事を読む

「バターコヒー」って?効果が凄い!ってホント?バターの脂肪は大丈夫?

「バターコヒー」って? え~・・・・って思いますね。 字のまんまコーヒーにバターを入れて

記事を読む

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありません。 活性酸素を生む要

記事を読む

ヒルドイド 「高価な化粧品より効果がある」って?実際は?使ってみました!

「夏にヒルドイドの話題っていうのもな」って思いながら ヒルドイドクリームと HPクリームの一

記事を読む

国民総筋肉量って?人生ラスト10年 生活の質を下げないために

生活の質がどうであれ、できるだけ長生きしたいと思いますか? やはり皆さん「ピンピンコロリ」が理

記事を読む

皮付きホットリンゴで健康効果アップ!その訳は?

リンゴは「医者知らず」と言われるほど、栄養価が高く、 世界中で愛され続けています。

記事を読む

「あかぎれ」の悩み対策 5つの方法

夏の間はすべすべしていた手も寒くなってきた途端あかぎれが出来て 痛みと同時に見た目もガサガサ。手を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑