シュガースクラブ 手作りで美肌を手に入れましょう!

これからの季節、半袖やサンダルなど、肌の露出が増えますが、
ガサガサのひざやかかとが気になって、素肌を見せる自信が…
なんて方もいるかもしれませんね。

週に1~2回、香りも楽しみながら、
オンナを磨いて、夏のステキな出会いに備えなきゃ!

そこで活用したいのが、ボディスクラブ。

シュガースクラブ

スクラブというと塩のイメージが強いですが、
シュガースクラブは敏感肌やアトピー、赤ちゃんの肌にもとても優しくて
赤ちゃんの掻き傷を軽減させるスキンケアとしての
有効性も、日本小児看護学会で発表されています。

又皮膚のバリア機能を強化するので、
にきびの予防や顔ダニの駆除にも効果があることがわかっています。

シュガーの粒子はソルトに比べ、ソフトで角が丸みを帯びていて、水に溶けやすく
肌をマッサージするうちに溶けてしまうので肌の弱い方にもおすすめです。

モデルさんや女優さんも撮影前のお肌づくりに使っている身近なアイテムです。

砂糖の高い浸透力と高い吸水・保湿力により、
肌は水分をぐんぐん引き寄せるようになり、いつもしっとりなめらかなお肌なります。

使い方は、お肌のザラつきや、硬さが気になる部分を濡らします。

その部分にスクラブを塗り、クルクルと優しくマッサージしましょう。

シュガースクラブ5

その後はサッと洗い流しタオルで水分を拭き取ります。

 

思わず触れたくなるような、しっとりスベスベボディに仕上げてくれます♪

ローラ メルシエ ボディスクラブ クレームブリュレ(laura mercier)300g

こんな素晴らしい効果のあるシュガースクラブですが、お家で簡単に作る事が出来ます。

シュガースクラブレシピ

シュガースクラブ2

用意するもの

①ココナツシュガー:ミネラル、アミノ酸を多く含むので最高。

手に入らなければブラウンシュガーか白砂糖でも大丈夫。

②ココナッツオイル:無ければオリーブオイルでも

③エッセンシャルオイル:お好みで。純度の高いものを。

作り方

ココナツシュガーとココナッツオイルを1:1の割合で混ぜ合わせます。

エッセンシャルオイルはお好みで1~2滴を混ぜ合わせれば出来上がり。

ミネラル、アミノ酸を多く含みターンオーバーを促すココナッツシュガーを
美容成分をたっぷり含んだココナッツオイル となじんで
くすみを取り除き、明るく透き通った肌に導きます。

保湿効果をさらにプラスには、「はちみつ」をプラスしてもOKです。

手作りなのでアレンジはいくらでも可能です。

お好きな香りでお楽しみくださいね。

 

 


スポンサードリンク

関連記事

金芽ロウカット玄米って?大丈夫なの?

TBS系列「あさチャン!」の 「チャン知り」のコーナーで、白米感覚で食べる玄米『金芽ロウカット玄米

記事を読む

チアシードとは 徹底分析してみました~

チアシード(Chia seed)は、 古くはマヤ民族やアステカ民族の時代から 主要な栄養源のひと

記事を読む

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかないくらい大きなパワーを持っていま

記事を読む

ボブから変身 夜会巻・簡単手順

ボブだから夜会巻なんてとんでもないって思ってませんか? いえいえ、ボブヘアでも夜会巻が出来るん

記事を読む

就活その前髪で行く?好感度アップの前髪作り方

就活では第一印象ってやっぱり大事ですね。 第一印象のほとんどは髪型で決まるんですって。

記事を読む

いくら食べても太らない人!その秘密は?

本当はスイーツやご飯を好きなだけ食べたいんだけど やっぱり太るから・・・って我慢してる方がほとんど

記事を読む

セラミドって?効果あるの?

最近、セラミドが乾燥から肌を守る保湿成分として注目されています。 セラミドとは人の肌表面で外界

記事を読む

ココナッツシュガーがいいってホントかな?真実は?!

ココナッツシュガーは、ヤシの木に咲く花の花蜜を乾燥させてつくったもので、 糖質の吸収がゆっくり。血

記事を読む

今迄の卵の常識丸つぶれ!? 卵の新常識のあれこれ!

最近卵への認識が変わってきました。 卵の栄養成分や、ちょっと気になるコレステロールとの関係をお

記事を読む

ブロッコリースプラウト どれぐらい食べると身体が喜ぶのでしょう?

今朝の朝イチでも取り上げられていたブロッコリーとブロッコリースプラウト。 ブロッコリー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑