ココナッツシュガーがいいってホントかな?真実は?!

ココナッツシュガーは、ヤシの木に咲く花の花蜜を乾燥させてつくったもので、
糖質の吸収がゆっくり。血糖値上昇がゆるやかであると言われています。

コナッツシュガー1

ヤシの木の幹に傷をつけて集めた樹液は「パームシュガー」で別のものです。

 

コナッツシュガー3

今、ステビア・アガーベシロップ・ライスシロップなど、白砂糖にくらべ血糖値の上昇が
ゆるやかな甘味料がたくさん市場に出ています。

そのなかでもいま注目されているのがココナッツシュガーです。

ココナッツシュガーはGI値が低いとされています。

GI値とは血糖値の上昇度合いを示す値でグリセミック・インデックスの略です。

GI値が35と非常に低いことから、低GIシュガーとして注目されているのです。

もう一つココナッツシュガーにはカリウムやマグネシウム、鉄分、リン、亜鉛など
体を作るのに欠かせない必須ミネラルが豊富に含まれ、
またグルタミン酸やアミノ酸、ビタミンなどの栄養素も豊富に含んでいます。

コナッツシュガー2

 

こう書くとココナッツシュガーは素晴らしい甘味料だと思われます。
(実際そう述べているものはたくさんあります)

でもココナッツシュガーはブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)から
出来ています。

 

GI値が35というのはココナッツシュガーのブドウ糖(グルコース)の数値で
フルクトース値(果糖)の値ではないのです。

ですから摂り過ぎはやっぱりよくないのです。

フルクトースはほとんどを肝臓で吸収代謝します。このことを知らず
ココナッツシュガーが良いからと過剰摂取すると血圧が上昇し、
トリグリセリドと悪玉コレステロール値が上がるだけでなく、
体内のビタミンやミネラルが使用されてなくなってしまうのです。

 

ですからココナッツシュガーはそれほど手放しで食べられる食品ではない
ということです。

 

簡単に言うと、ココナッツシュガーは罪悪感をもたずに食べられる食品ではありません。
コーヒーや焼き菓子などを甘くしたいときは、ココナッツシュガーを使うのが良いのだと、
販売業者はあなたに信じこませたかもしれませんが。

(「HUFFPOST HEALTY LIVING」より引用)』

 

確かに美味しいし、ミネラルも含んでいますが、摂り過ぎないようにした方が
良さそうですね。

寧ろお勧めはココナッツシュガースクラブかもしれません。

これについてはこの次に^^

 

 


スポンサードリンク

関連記事

金芽ロウカット玄米って?大丈夫なの?

TBS系列「あさチャン!」の 「チャン知り」のコーナーで、白米感覚で食べる玄米『金芽ロウカット玄米

記事を読む

シリカ(ケイ素)って?知らないと損しちゃうかも!

今シリカ(ケイ素)に注目が集まっています。 シリカって?岩石や土壌、粘土などを構成している元素

記事を読む

国民総筋肉量って?人生ラスト10年 生活の質を下げないために

生活の質がどうであれ、できるだけ長生きしたいと思いますか? やはり皆さん「ピンピンコロリ」が理

記事を読む

酵素ダイエット ホントに痩せるの?痩せるからくりは・・・

このところ、酵素ダイエットが流行っていますが、 酵素を摂取すれば本当に誰でも簡単に痩せられるのかし

記事を読む

ブロッコリースプラウト 毎日買うのも大変!じゃあお家で栽培しちゃいましょう♪

アンチエイジング,がん予防,肝機能アップ,デトックス! 凄い効果のブロッコリースプラウトをお家

記事を読む

「あかぎれ」の悩み対策 5つの方法

夏の間はすべすべしていた手も寒くなってきた途端あかぎれが出来て 痛みと同時に見た目もガサガサ。手を

記事を読む

ココナッツオイル が良いとされる訳

「ココナッツオイル」 最近よく耳にしますがどうして そんなにいいって言われるんでしょうか?

記事を読む

ココナツオイルでアルツハイマー病の進行を抑えたメアリーのお話

アルツハイマー病は未だによく分からない進行性の 神経変性疾患です。 最終的には寝たきりになる

記事を読む

アーモンドが持つ凄い力とは!?

人類はアーモンドを2千年以上も前から食べてきました。 が、今改めて注目されているのは、その小さ

記事を読む

レンコンで粘膜強化!「ノロウイルス」「インフルエンザ」等感染症予防に!

古くから食料としても大切にされてきたレンコンですが 最近では、驚きのレンコンパワーとして NHK

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑