阿波晩茶はどんなお茶?何が珍しいの?碁石茶とは違うの?

テレビ東京『主治医が見つかる診療所』で阿波晩茶のことが放送されました。

阿波晩茶って初めて聞く方も沢山いらっしゃるんじゃないかと思います。

阿波晩茶1

私もその一人でした。

今とても腸内環境が人間にとって大切だと分かってきて、腸内環境がその人の健康を
左右すると言うことまで言われています。

腸内環境を改善するには発酵食品を摂取することがとてっもいいそうで
この阿波晩茶は、乳酸などいろいろな有機酸を多く含むというので、
とても注目され始めたんです。

阿波晩茶の作り方は、年1度7月の終わり頃充分に育った山茶の新芽ではない葉を
枝から1枚残らずしごき取り、釜茹でした後
舟型の手押し茶擦り器で揉捻して桶に漬け込むんだそうです。

空気を完全に遮断して、重石を乗せて10日~1か月ほど木の蓋をしておくと、
その地域に生息している天然の乳酸菌などが繁殖して茶葉を発酵させます。

それを晴天の日に桶から取り出し、筵の上で天日干して乾燥させて
出来るそうなんです。

摘み取る時期が遅いことから、阿波晩茶と書くようになったとか。

阿波晩茶は、徳島の生活の中に慣れ親しんできた、
まさに地の物を地の人が飲み伝えてきた庶民のお茶です。

 いろどり晩茶(200g)

 いろどり晩茶(200g)
価格:1,944円(税込、送料別)


今売り切れ続出のようですね。

同じ四国の高知県の山間部で400年も前から
生産されている碁石茶 というのがあります。

こちらも阿波番茶と同じように発酵させたお茶です。

実は阿波晩茶と同じ効果が期待されています。

30年前から東京農大と信州大学が共同で研究を進めていて
科学的に効果が認められているのはコレステロール低下と
抗インフルエンザとか。

乳酸発酵により基礎代謝を上げ腸内環境を整えてくれるそうです。


いずれにしても昔ながら伝えられてきた先人の知恵は素晴らしいと
今更ながら感心してしまいますね。


スポンサードリンク

関連記事

国民総筋肉量って?人生ラスト10年 生活の質を下げないために

生活の質がどうであれ、できるだけ長生きしたいと思いますか? やはり皆さん「ピンピンコロリ」が理

記事を読む

ボブから変身 夜会巻・簡単手順

ボブだから夜会巻なんてとんでもないって思ってませんか? いえいえ、ボブヘアでも夜会巻が出来るん

記事を読む

チアシードとは 徹底分析してみました~

チアシード(Chia seed)は、 古くはマヤ民族やアステカ民族の時代から 主要な栄養源のひと

記事を読む

炭酸水ってホントに身体にいいの?それとも悪いの?

炭酸水は、炭酸ガスを含む水で、通常の水と同じように体内に吸収されます。 炭酸水を水と同

記事を読む

スーパーフードって何?スーパーフード10種

最近食に対す意識がどんどん高まっています。 お腹がすいたから食べるという意識だけではなく、

記事を読む

ココナッツオイル が良いとされる訳

「ココナッツオイル」 最近よく耳にしますがどうして そんなにいいって言われるんでしょうか?

記事を読む

皮付きホットリンゴで健康効果アップ!その訳は?

リンゴは「医者知らず」と言われるほど、栄養価が高く、 世界中で愛され続けています。

記事を読む

ブロッコリースプラウト 毎日買うのも大変!じゃあお家で栽培しちゃいましょう♪

アンチエイジング,がん予防,肝機能アップ,デトックス! 凄い効果のブロッコリースプラウトをお家

記事を読む

「二の腕」のエクササイズは全身の老化も食い止めるって!?

「二の腕」のたるみが全身の老化に直結するって? 「二の腕」のたるみって鍛えにくいですよね。

記事を読む

レンコンで粘膜強化!「ノロウイルス」「インフルエンザ」等感染症予防に!

古くから食料としても大切にされてきたレンコンですが 最近では、驚きのレンコンパワーとして NHK

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑