サンシュユ 春を告げる!

サンシュユは春を告げる花木のひとつとして切り花や庭木、公園樹として親しまれています。

121

朝鮮半島原産の落葉性樹木で、大きくなると高さ6mほどに達します。

元々は薬用植物として江戸自体中期に朝鮮から果実が持ち込まれましたが、

花は3月頃の早春で、葉が芽吹く前に5mmほどの黄色の可憐な花を枝いっぱいに咲かせます。

満開の花が黄金色に輝くように咲く姿から「ハルコガネ」とも呼ばれています。

葉がまだ芽吹く前なので、遠目でも鮮やかな黄金色がわかります。

サンシュユの名前は中国名の「山茱萸」を音読みしたもので、

茱萸はグミのことで、

グミに似た楕円形で光沢のある真っ赤に熟した果実を10月頃付けます。

sanshu_mi1

その様子から「サンゴバナ」とも呼ばれています。

味はやや渋みのある甘酸っぱさがあるそうです。

この果実は食用になり、家庭果樹用に改良された「ショコラ」、

特に実なりのよいものを選抜した「金時」などがあります。

学名:Cornus officinalis Sieb. et Zucc.のオフィシナリスは「薬用になる」と言う意味です。

タネを取り除いて乾燥させた果実は漢方薬として用いられます。

主な効用は、滋養強壮、収斂(しゅうれん)、止血、

鎮痙(ちんれん)、鎮静、抗アレルギー、利尿などとされています。

こんな症状に

サンシュユ効能

 

山茱萸(さんしゅゆ)は、漢方の八味地黄丸(はちみじおうがん)

に処方されていて、

糖尿病、腰痛、動脈硬化、前立腺肥大などに有効とされています。

山茱萸(さんしゅゆ)で果実酒を造ります。

老人や病後の滋養強壮や疲労回復、冷え性、低血圧、不眠症などの目的で、

さかずき一杯づつ飲用します。

山茱萸(さんしゅゆ)の種子を除き乾燥したもの200グラムと

ほぼ同量の氷砂糖をホワイトリカー1.8リットルに漬け込み

2~3ヶ月冷暗所において、材料を引き上げ、こしてから飲用します。

観賞にも飲用にも貴重なサンシュユを育ててみるのもいいですね。


スポンサードリンク

関連記事

らっきょうの栄養とその食べ方

らっきょうの旬は5月頃から始まり、7月頃まで続きます。 最も多く作っているのは鹿児島県で次いで

記事を読む

イースター2015年はいつ?イースターエッグやうさぎって?

イースターとはキリスト教の文化で、キリスト教の行事の中でも最も重要なもので 十字架に架けられたイエ

記事を読む

ニラ・花ニラ・黄ニラって?旬はいつ?栄養や食べ方は?

春から秋にかけて、同じ株から何度も収穫できるので、年間を通して出回っています。 中国や東アジア

記事を読む

ほたるを見に行こう~ 観賞スポット 関西

ホタルは豊かな自然のバロメーター、日本の季節を感じることが出来る 素敵な光のイルミネーションです。

記事を読む

ネモフィラ 「死ぬまでに行きたい!日本の中の世界の絶景」青!

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園。 国が設置した四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる国

記事を読む

あじさいスポット あじさい祭り 大阪府

●大阪府民の森 ぬかた園地(中部園地)あじさい園 ぬかた園地には生駒山中に、1

記事を読む

こごみって?とっても不思議な姿!栄養は?

こごみって? こごみは山菜です。 「こごみ」は漢字で「屈」と書くように、芽が出てくる様が

記事を読む

三寒四温意味?正しい使い方してる?

三寒四温の意味は冬の間の時期に、 3日間の寒い日と、4日間の暖かい日が続き、 寒暖が繰り返される

記事を読む

2015年 母の日 プレゼント何がいいかしら…

母の日は5月の第2日曜日ですね。と言うことは2015年は5月10日ですね。 母の日のプレゼント

記事を読む

日傘 これだけは知っていたいね!

紫外線を気にしなければならない季節になりました。 いつの間にか紫外線をたっぷり浴びてし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑