日傘 これだけは知っていたいね!

紫外線を気にしなければならない季節になりました。

sun

いつの間にか紫外線をたっぷり浴びてしまいシミが出来ちゃった
後で悔やんで・・・なんてことがないようにしたいですね。

紫外線対策にはやっぱり日傘が手取り早いですね。

最近はかわいい日傘がたくさん!

20120515_2871375

UVカット率遮光率とか書いてあるんだけどその違い分かるかしら?

yjimageCECX062H

暑くってより日差しを避けて涼しい場所を求める場合は「遮光率」をチェック

紫外線を避けて日焼けしたくないシミを作りたくない場合は「UVカット率」をチェック

傘の色は、
白い日傘は、光を反射させて紫外線をカットしています。

黒い日傘は、日傘自体が紫外線を吸収する為、肌に紫外線が当たるのを防いでくれます。

B07071pb02_32015B

でも最近の日傘はUVカット加工がされているので
表面の色は白でも黒でも、UVカット加工がされていれば大した差はありません。

熱に関して考えれば、

黒い生地は熱を吸収しやすく生地そのものが熱くなりがちです。

白色やシルバー色の生地なら、熱を反射して、生地の温度の上昇も抑えられます。

紫外線を遮断しても、赤外線(日光)を遮断できないと日傘をさしていても
熱く感じてしまいます。

綿、麻、絹のような材質で目の細かいものを選ぶと日光も遮ることが出来て、
より涼しく過ごすことが出来ます。

でも落とし穴がありました。

日傘の内側の色です。

紫外線は上から降り注ぐだけでなく、アスファルトに反射して下からも照りつけます。

内側の色が白に近いと、照り返してきた紫外線を更に反射し顔にモロに・・・
結果、日傘の内側で紫外線を浴びてしまうことになります。

でしょ!

内側の色は紫外線を吸収してくれる黒や濃色がよいと思います。

またUVカット加工には寿命があります。
日傘の寿命は2~3年だそうです。

せっかく日傘をさしていても効果が半減していたら悲しいですよね。

どんな傘にするべきか慎重に選びたいですね。


スポンサードリンク

関連記事

三寒四温意味?正しい使い方してる?

三寒四温の意味は冬の間の時期に、 3日間の寒い日と、4日間の暖かい日が続き、 寒暖が繰り返される

記事を読む

思いったったらBBQ、今どきのバーベキュー最新情報!

これから夏に向けて本格的バーベキューシーズンですね。 日本生産性本部発行の『レジャー白書201

記事を読む

御衣黄 桜をチェック!

御衣黄(ギョイコウ)はオオシマザクラ系のサクラで、 京都の仁和寺で栽培されたのが始まりというのが有

記事を読む

浴衣レッスン③階段の上り下りと車の乗り降り

着なれない浴衣や着物で目の前に階段が立ちはだかったとき 思わず、ハタと立ち止まってしまいそうですね

記事を読む

ニラ・花ニラ・黄ニラって?旬はいつ?栄養や食べ方は?

春から秋にかけて、同じ株から何度も収穫できるので、年間を通して出回っています。 中国や東アジア

記事を読む

花桃 その見事さ!

花桃 はバラ目バラ科サクラ属の耐寒性落葉低木です。 花を観賞するために改良されたモモで、花つき

記事を読む

父の日 2015年 してもらって嬉しいこと・貰って嬉しいプレゼント

2015年の「父の日」は6月の第3週目の日曜ですから6月21日ですね。 「父の日」には皆さん何

記事を読む

キビタキ 美しい声と姿!ナルシッス フライングキャッチャー

キビタキ【narcissus flycatcher】は 鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。

記事を読む

あじさい祭り 茨城県

あじさいの美しく映える季節になってきました。 茨城県のあじさいの情報です♪ ・保和苑

記事を読む

ビアガーデン 2015 東京

●森のビアガーデン 東京都新宿区霞ヶ丘町14-13 神宮児童遊園内 03-5411-3715

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑