日傘 これだけは知っていたいね!

紫外線を気にしなければならない季節になりました。

sun

いつの間にか紫外線をたっぷり浴びてしまいシミが出来ちゃった
後で悔やんで・・・なんてことがないようにしたいですね。

紫外線対策にはやっぱり日傘が手取り早いですね。

最近はかわいい日傘がたくさん!

20120515_2871375

UVカット率遮光率とか書いてあるんだけどその違い分かるかしら?

yjimageCECX062H

暑くってより日差しを避けて涼しい場所を求める場合は「遮光率」をチェック

紫外線を避けて日焼けしたくないシミを作りたくない場合は「UVカット率」をチェック

傘の色は、
白い日傘は、光を反射させて紫外線をカットしています。

黒い日傘は、日傘自体が紫外線を吸収する為、肌に紫外線が当たるのを防いでくれます。

B07071pb02_32015B

でも最近の日傘はUVカット加工がされているので
表面の色は白でも黒でも、UVカット加工がされていれば大した差はありません。

熱に関して考えれば、

黒い生地は熱を吸収しやすく生地そのものが熱くなりがちです。

白色やシルバー色の生地なら、熱を反射して、生地の温度の上昇も抑えられます。

紫外線を遮断しても、赤外線(日光)を遮断できないと日傘をさしていても
熱く感じてしまいます。

綿、麻、絹のような材質で目の細かいものを選ぶと日光も遮ることが出来て、
より涼しく過ごすことが出来ます。

でも落とし穴がありました。

日傘の内側の色です。

紫外線は上から降り注ぐだけでなく、アスファルトに反射して下からも照りつけます。

内側の色が白に近いと、照り返してきた紫外線を更に反射し顔にモロに・・・
結果、日傘の内側で紫外線を浴びてしまうことになります。

でしょ!

内側の色は紫外線を吸収してくれる黒や濃色がよいと思います。

またUVカット加工には寿命があります。
日傘の寿命は2~3年だそうです。

せっかく日傘をさしていても効果が半減していたら悲しいですよね。

どんな傘にするべきか慎重に選びたいですね。


スポンサードリンク

関連記事

コンクリート壁に、小さな赤いムシ…タカラダニ・人への被害は?危険?

若葉の季節、5月から梅雨に入る6月にかけて大量に発生・・・ 8月には全然見かけなくなる不思議な赤い

記事を読む

そうだ 潮干狩り に行こう! 関西

潮干狩りの季節になりました。 潮干狩りは家族みんなで楽しめ、子どもにとっても貴重な体験になり

記事を読む

浴衣レッスン②歩き方

浴衣可愛くって素敵ですね。 この季節気軽に着れる浴衣。 何にでも拘束があるからこ

記事を読む

らっきょうの栄養とその食べ方

らっきょうの旬は5月頃から始まり、7月頃まで続きます。 最も多く作っているのは鹿児島県で次いで

記事を読む

浴衣レッスン ①浴衣を着た時の トイレの仕方

折角女っぷりを上げるために着た浴衣。 でも着なれていないとトイレはどうすればって戸惑っ

記事を読む

神奈川新聞花火大会2015・2人で行きたい穴場スポットは?

堂々人気花火ランキング1位の神奈川新聞花火大会。 今年は節目の30回大会です。

記事を読む

あじさい祭り 千葉県

・昭和の森 展望台から九十九里平野や太平洋の眺望、「日本の都市公園100選」に数えられ

記事を読む

父の日 2015年 してもらって嬉しいこと・貰って嬉しいプレゼント

2015年の「父の日」は6月の第3週目の日曜ですから6月21日ですね。 「父の日」には皆さん何

記事を読む

浴衣レッスン③階段の上り下りと車の乗り降り

着なれない浴衣や着物で目の前に階段が立ちはだかったとき 思わず、ハタと立ち止まってしまいそうですね

記事を読む

2015年 母の日 プレゼント何がいいかしら…

母の日は5月の第2日曜日ですね。と言うことは2015年は5月10日ですね。 母の日のプレゼント

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑