キビタキ 美しい声と姿!ナルシッス フライングキャッチャー

キビタキ【narcissus flycatcher】は

鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。

全長約14cm,雌雄異色です。

雄は雄は頭部と背面、翼、尾が黒く、腰、あごから胸までが橙黄(とうこう)色、
腹と下尾筒は白い。また、橙黄色のくっきりとした眉(まゆ)があります。

21521b

雌は全体に褐色で地味なんです。

サハリン,日本,中国北部に分布し,
夏鳥としてほぼ全国で繁殖しています。

高い樹冠のある広葉樹の多い林の朽ち木の割れ目や建物のすき間などに巣を造ります。

5~7月の繁殖期には,、雄はなわばり宣言と、雌の関心を引く「さえずり」を
日の出とともにさまざまに調子を変えて美しい声で囀ります。

南からやってくる夏鳥の中で、ひときわ目立つ体の美しい色と、美しい声は
キビタキの雄ですね~



秋・冬季にはフィリピン、インドシナ半島、ボルネオ島の東南アジア方面の
温暖な地方に渡って越冬します。

よく茂った森林にすみ,英名【narcissus flycatcher】ナルシッサス フライングキャッチャー
という名前通り,止まっている枝から飛んでいる昆虫を空中で捕えます。

学名ナルシシナ、英語ではナルシッサス・フライキャッチャーですが、
ともに「水仙」の意味で、名前の由来は、人の目にとっても美くし映ることを
意味している気がします。

ギリシャ神話の美少年ナルシスの姿を連想してしまいました。

キビタキの仲間はこんなにいるんですね!
キビタキ種類

【世界大百科事典 ・日本大百科全書参照】


スポンサードリンク

関連記事

白木蓮とこぶし 違うの?

春になるといろいろ花が咲きだします。 桜は勿論美しいですが、真っ白な白木蓮(ハクモクレン)も目

記事を読む

あじさい祭り 栃木県

★吉祥寺 吉祥寺は足利氏5代目頼氏が弘長年間(1261~63)に創建したお寺です。 お寺の南

記事を読む

カツオ 旬 人気はなぜ?寿命がのびる?

初カツオは、「カツオのたたき」が人気。薬味をたっぷりかけて旬を頂きたいですね。 カツオ

記事を読む

コンクリート壁に、小さな赤いムシ…タカラダニ・人への被害は?危険?

若葉の季節、5月から梅雨に入る6月にかけて大量に発生・・・ 8月には全然見かけなくなる不思議な赤い

記事を読む

ほたるを見に行こう~ 観賞スポット 関西

ホタルは豊かな自然のバロメーター、日本の季節を感じることが出来る 素敵な光のイルミネーションです。

記事を読む

花桃 その見事さ!

花桃 はバラ目バラ科サクラ属の耐寒性落葉低木です。 花を観賞するために改良されたモモで、花つき

記事を読む

あじさい祭り 群馬県

あじさいは不思議な色の変化で見る人の心を別世界へと誘い、 なんともいえない癒しを感じます。

記事を読む

デング熱 予防接種や予防方法はある?特効薬はある?

昨年は約70年振りにデング熱が発生し、代々木公園の一部が閉鎖され 世間が騒然となりましたが、今

記事を読む

サンシュユ 春を告げる!

サンシュユは春を告げる花木のひとつとして切り花や庭木、公園樹として親しまれています。

記事を読む

浴衣レッスン③階段の上り下りと車の乗り降り

着なれない浴衣や着物で目の前に階段が立ちはだかったとき 思わず、ハタと立ち止まってしまいそうですね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑