新玉ねぎ 栄養と効果があまりにも凄い!一杯食べましょ!

玉ねぎは、日持ちを良くするために収穫してから
1カ月ほど乾燥させて出荷したものですが、
新玉ねぎは収穫後にすぐに出荷されています。

すぐに出荷するため新玉ねぎは、皮が薄く、水分がとっても多くやわらかいです。

新玉ねぎは玉ねぎと違って辛味が少ないので
栄養素を摂取するのに非常に向いています。

1_1

玉ねぎは、にら、にんにく、長ねぎ、らっきょう等と同じユリ科の野菜で
いずれも殺菌作用があり、免疫力が高まる食材として認められています。

「1日一個の玉ねぎは、医者を遠ざけてしまう・・・」という格言がイギリスにはあるほど
玉ねぎは身体に良い野菜なんです!

玉ねぎの注目!5大成分

1.ケルセチン

玉ねぎには「ケルセチン」というポリフェノールが多く含まれています。

玉ねぎの薄黄色の色素成分で、皮と皮に近い部分に多く含まれていますが、
その高い抗酸化力で動脈硬化を予防したり、天然の抗がん剤と言われています。

又抗アレルギーでもありその他、最近の研究では関節の老化や骨粗しょう症の予防にも
効果があるとされています。

又ケルセチンには体内に摂取した脂肪の吸収を抑制するはたらきがあり、
ダイエットにも有効です。

冷え性の改善、肥満解消、便秘解消、美肌効果と、
女性の美容にも嬉しい効果が期待できます。

2.オリゴ糖

玉ねぎを加熱すると甘くなりますが、その甘さの元がオリゴ糖です。

オリゴ糖は胃や十二指腸だえ消化・吸収されずに腸まで届き、善玉菌の餌となって
善玉菌を増やす働きがあります。

腸は常に善玉菌を優勢にしておくことが大切です。

善玉菌を増やすことで、大腸がんの予防にもなります。

3.硫化アリル

玉ねぎ独特の強い刺激とニオイに、大きな効能があるそうです。

硫化アリルには色々の種類があるそうですが、玉ねぎには特に多く含まれている
そうです。

その中のサイクロアラインは血栓の救世主で、血管を広げたり、
血管内で、血管内に脂肪が沈着するのを防ぐだけでなく、出来てしまった血栓を
溶かす働きまであります。

玉ねぎには血液を元のサラサラに戻す力があるのです。

他にも硫化アリルには動脈硬化予防、抗酸化作用、疲労回復などの効果もあります。

4.グルコキニン

玉ねぎに含まれるグルコキニンという成分は、水溶性で熱に強くインスリンに
似たような作用があり、腸からの糖質の吸収を妨げ血糖値を下げる働きが認められています。

糖尿病を予防するだけでなく、余分な糖分が中性脂肪になるのも防ぎます。

炭水化物の好きな方や、甘いものが好きな方はたっぷり食べたいですね。

5.カリウム

カリウムはナトリウムと相互に関連しながら、細胞の浸透圧を一定に保ち
細胞が正常に働くように調節しています。

カリウムには余分なナトリウムを排出する作用がありミネラルバランスを
整えます。

玉ねぎパワーの凄さ

1.血液をサラサラにし、高血圧を改善
2.毎日食べれば血糖値が下がる
3.代謝がよくなりシェイプアップに効果
4.血流が良くなり美肌効果
5.免疫力が高まる
6.抗アレルギー効果
7.興奮を鎮めストレス解消
8.細胞を活性し冷え性を改善
9.オリゴ糖で便秘解消
10.骨の健康を保つ

●玉ねぎほど様々な調理に利用できる野菜はない気がします。

そして食べ続けても決して副作用はありません。

玉ねぎは1年中出回っているので手に入りやすいですし、今の時期に出ている新玉ねぎは
みずみずしく生命力にあふれています。

★薄く切ってオニオンスライス

★ワカメや、りんご、人参などと合わせたサラダ

新玉ねぎと油揚げのサラダ♪

適当⁂新玉ねぎと生ハムサラダ

生ハムサラダ

新玉ねぎのじゃこサラダ

jyakosarda

新タマ まるごと ホイル焼き

新玉ホイル焼き

タコと新タマのカルパッチョ

カルパッチョ

一杯食べてその恩恵に与りましょう~♪


スポンサードリンク

関連記事

あじさい祭り 群馬県

あじさいは不思議な色の変化で見る人の心を別世界へと誘い、 なんともいえない癒しを感じます。

記事を読む

あじさい祭り 千葉県

・昭和の森 展望台から九十九里平野や太平洋の眺望、「日本の都市公園100選」に数えられ

記事を読む

そうだ 潮干狩り に行こう! 関東

今日は関東の潮干狩り場のご案内です(^^) 東京湾潮干狩りカレンダー 2015 ●海の公

記事を読む

ふるさと納税で 佐藤錦♪

ふるさと納税は、自治体への寄附金のことです。 個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民

記事を読む

カツオ 旬 人気はなぜ?寿命がのびる?

初カツオは、「カツオのたたき」が人気。薬味をたっぷりかけて旬を頂きたいですね。 カツオ

記事を読む

ニリンソウ トリカブトと間違えたらだめよ!

ニリンソウの名前は、花茎の茎頂に花を二つつけるので「ニリンソウ(二輪草)」です。 そのまんまで

記事を読む

ホタル祭りに行ってホタルを見よう~栃木県

文明の灯りを忘れ、自然の小さな生命の光を観賞しましょう! ●足利市 名草ほたるの里 25

記事を読む

あじさいスポット あじさい祭り 大阪府

●大阪府民の森 ぬかた園地(中部園地)あじさい園 ぬかた園地には生駒山中に、1

記事を読む

神楽坂まつり(ほおずき市・阿波踊り)2015・夏祭りデートで浴衣デビュー

今年も神楽坂まつりが、2015年7月22日~2015年7月25日の4日間 行われます。 情緒

記事を読む

三寒四温意味?正しい使い方してる?

三寒四温の意味は冬の間の時期に、 3日間の寒い日と、4日間の暖かい日が続き、 寒暖が繰り返される

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑