三寒四温意味?正しい使い方してる?

三寒四温の意味は冬の間の時期に、
3日間の寒い日と、4日間の暖かい日が続き、
寒暖が繰り返される現象のことを言うらしいんです。

でも現代は冬の間と言うより、春先のだんだん暖かくなっていくことを
意味して春先に使うことが定着している気がします。

249ac78b5989d82b38588ce653fd1b37

本来は中国の東北部や朝鮮半島の北部に現れる現象で、
冬の気候を表すものとして使われていました。

日本では、冬は
シベリア高気圧と、
太平洋の高気圧の影響があるため、
三寒四温がはっきり現れることなく、

春先に低気圧と高気圧が交互にやってきて、
低気圧が通ると寒くなる、高気圧が通ると暖かくなるという周期が
繰り返すことが多いので春先に三寒四温と言う言葉を
多く使うようになったみたいです。

三寒四温の正しい使い方としては
本来は三寒四温は真冬の現象なので1月、2月に使うのが一番いいと言うことだそうです。

冬の真っ只中に使うってことですね!

手紙のあいさつ文も2月に手紙の結びの言葉などに使用するといいそうですよ。

書きだしの例としては、「三寒四温の候」や「三寒四温の時節」など、

結びの言葉は、

「三寒四温の時節柄、どうかご自愛専一にてますますご活躍をお祈り申し上げます。」

「三寒四温の今日この頃、こまめに衣服を調節して、どうぞ体にお気をつけてお過ごしください。」

などどうでしょうか。

格調高くなるわね(^^)

俳句では「三寒四温」は季語で冬。

それも「晩冬」

でもこの季語は特殊であまり用いられることがないんですって。

三寒四温という言葉は冬の言葉なんだと知りましたが、
暖かくなる春先に使うのが一番しっくり来るような気がするんですが・・・


スポンサードリンク

関連記事

あじさい見どころとあじさい祭り 神奈川県

・横浜・八景島シーパラダイス あじさいの滝、あじさい坂、あじさいロードなどに2万株の紫

記事を読む

思いったったらBBQ、今どきのバーベキュー最新情報!

これから夏に向けて本格的バーベキューシーズンですね。 日本生産性本部発行の『レジャー白書201

記事を読む

らっきょうの栄養とその食べ方

らっきょうの旬は5月頃から始まり、7月頃まで続きます。 最も多く作っているのは鹿児島県で次いで

記事を読む

キビタキ 美しい声と姿!ナルシッス フライングキャッチャー

キビタキ【narcissus flycatcher】は 鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。

記事を読む

ふるさと納税で 佐藤錦♪

ふるさと納税は、自治体への寄附金のことです。 個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民

記事を読む

日傘 これだけは知っていたいね!

紫外線を気にしなければならない季節になりました。 いつの間にか紫外線をたっぷり浴びてし

記事を読む

諏訪湖祭湖上花火大会 と 全国新作花火競技大会 って同じなの?

この花火を間違えて一緒に思う人もいるようですが、違うんです。 どちらも長野県諏訪湖で行うのは同

記事を読む

土用の丑の日はウナギ!1度で3度美味しい名古屋名物「ひつまぶし」厳選8店 

7月24日は土用の丑の日ですね。 夏の暑さでバテ気味な身体にビタミンA・B1・B2・D・Eやミ

記事を読む

新玉ねぎ 栄養と効果があまりにも凄い!一杯食べましょ!

玉ねぎは、日持ちを良くするために収穫してから 1カ月ほど乾燥させて出荷したものですが、 新玉ねぎ

記事を読む

神奈川新聞花火大会2015・2人で行きたい穴場スポットは?

堂々人気花火ランキング1位の神奈川新聞花火大会。 今年は節目の30回大会です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑