ネモフィラ 「死ぬまでに行きたい!日本の中の世界の絶景」青!

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園。

国が設置した四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる国営公園です。

例年4月下旬~5月中旬には ネモフィラ の群生が『みはらしの丘』を

青色に染めます。

img0cad0111zik0zj

公園は大きく7つのエリアに分かれ、西口エリアにある「みはらしの丘」の斜面には

約450万株の ネモフィラ が咲きまさに壮観。

青一色の世界が広がる光景は「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」のひとつとされています。

丁度ゴールデンウィークの頃いよいよ見ごろを迎えます。

必見の価値ありです。

茨城エリアは電車でのアクセスが便利なうえ、

関東近郊の他の人気観光地より比較的混雑しにくいのもポイントですね。

是非ネモフィラの青一色の群生をご覧になってください。



ゴールデンウィーク中4月29日から5月6日は7時30分開園です。

■料金

大人(15歳以上)400円
シニア(65歳以上)200円
小中学生80円

■アクセス

・車

北関東自動車道を終点まで行き、そのまま常陸那珂有料道路へ入ります。
「ひたち海浜公園IC」の出口を出た交差点を左折して、西駐車場を目指します。

ネモフィラが植えられているみはらしの丘の最寄は西駐車場です。
「ひたち海浜公園IC」出口が渋滞している場合は、
「ひたち海浜公園IC」を通り過ぎ、次の「常陸那珂港IC」から迂回
ひたち海浜公園を通り越した向こう側で有料道路を降りて、
公園に沿って戻ります。

「常陸那珂港IC」の北埠頭方面出口を出て、最初の交差点を左折。
公園に沿って進み、T字路に出ると左折すると西駐車場入り口に出ます。
常磐道を利用される場合は、日立南太田ICより約15kmです。

・電車

常磐線勝田駅(上野駅から勝田駅まで特急で約70分)。

勝田駅から、
①勝田駅の東口から茨城バス(2番乗り場)でひたち海浜公園へ。
②ひたちなか海浜鉄道湊線に乗り換え阿字ヶ浦駅まで乗車。
阿字ヶ浦駅からスマイルあおぞらバス にて海浜公園西口下車(約10分)か 徒歩で約20分。

・バス

茨城交通の高速バスを利用。
①東京⇒海浜公園入口
②宇都宮⇒海浜公園西口
③仙台駅⇒勝田駅


スポンサードリンク

関連記事

2015年一段と盛り上がるハロウィンパーティ

2015年一段と盛り上がるハロウィンムード もう街はハロウィン一色! いたるところでハロウィンの

記事を読む

新玉ねぎ 栄養と効果があまりにも凄い!一杯食べましょ!

玉ねぎは、日持ちを良くするために収穫してから 1カ月ほど乾燥させて出荷したものですが、 新玉ねぎ

記事を読む

花桃 その見事さ!

花桃 はバラ目バラ科サクラ属の耐寒性落葉低木です。 花を観賞するために改良されたモモで、花つき

記事を読む

サンシュユ 春を告げる!

サンシュユは春を告げる花木のひとつとして切り花や庭木、公園樹として親しまれています。

記事を読む

神奈川新聞花火大会2015・2人で行きたい穴場スポットは?

堂々人気花火ランキング1位の神奈川新聞花火大会。 今年は節目の30回大会です。

記事を読む

あじさい見どころ・あじさい祭り 東京

・飛鳥山公園 350メートルに渡る飛鳥の小径に約1,300株の紫陽花。 東京都北区王

記事を読む

虫除け 続々登場!着る?貼る?塗る?効果は?

虫除け商品の関心が今年は一段と高まっています。 昨年70年ぶりにデング熱が確認されたこと、アウ

記事を読む

イースター2015年はいつ?イースターエッグやうさぎって?

イースターとはキリスト教の文化で、キリスト教の行事の中でも最も重要なもので 十字架に架けられたイエ

記事を読む

白木蓮とこぶし 違うの?

春になるといろいろ花が咲きだします。 桜は勿論美しいですが、真っ白な白木蓮(ハクモクレン)も目

記事を読む

三寒四温意味?正しい使い方してる?

三寒四温の意味は冬の間の時期に、 3日間の寒い日と、4日間の暖かい日が続き、 寒暖が繰り返される

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑