そら豆 って栄養あるの?やっぱり塩ゆで?

ソラマメは初夏が旬の時期

名前の由来は実が空に向けて実るからなんですってね!

107305571
ソラマメは初夏が旬の時期これから美味しい季節になりますね。

4

そら豆にはどんな栄養があるのでしょうか?

●たんぱく質

そらまめは大豆と同じように、植物性たんぱく質を豊富に含んでいます。

●カリウム

ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、むくみや高血圧に効果があります。

●レシチン

ソラマメにはレシチンが含まれていて、
血栓を溶かす効果やコレステロールの上昇を押さえる働きがあります。

肝臓の機能を保護し、二日酔いを防ぐ働きもあり
お酒のおつまみとして最適ではないでしょうか。

●ミネラル

ソラマメはマグネシウム、リン、鉄分などのミネラルを豊富に含みます。

マグネシウムは血圧を調整し、骨の成分でもあり、イライラの解消にも効果があるそうです。

●ビタミンB群

完熟したソラマメにはビタミンBが多く含まれ、
粘膜を保護をしたり炭水化物、脂質の代謝を高めます。

●ビタミンC

そらまめはビタミンCが多く疲労回復や美肌作り役だちます。

●食物繊維

食物繊維を多く含んでいて、便秘の改善効果も期待できます。
コレステロールが全くないのにも関わらず、栄養価が高く、
脂肪や糖質の代謝を改善してくれる上に満腹感が得られます。

なんだか有難いですね。

そらまめの茹で方一工夫

858895fa1432a51115bd676f8da74e63

さやから中の豆を取り出し、豆の黒い筋の部分にナイフで
少し切り込みを入れておくと後で皮を剥きやすくなります。

鍋にたっぷりの水と約2%の塩(水1Lに対し塩20g)を入れ
沸騰しているお湯に入れ1分半程茹でたら取り出し、ザルに揚げます。

思った以上に早く柔らかくなります。

茹で上がったら冷水に付けてもいいのですが、ザルに揚げたまま
うちわであおいで冷ますと水っぽくならず、美味しく茹であがります。

レシピ

●そら豆のポタージュ

空豆とミントのポタージュ

(1)そら豆をやわらかめにゆでます。

(2)バターをフライパンで熱し、たまねぎを加え、焦がさないように良く炒めます。
そこへお湯または水を加え、たまねぎがある程度、トロトロになるまで煮ます。

(4)粗熱が取れたらミキサーに入れ、適当に切ったそら豆も加えます。
そこへ牛乳を200mlほど入れ、ミキサーを回します。

(5)それを鍋にかけ、お湯で溶いた固形コンソメを一個加えてゆっくりと混ぜながら、
弱火でじっくり煮込みます。

※牛乳の量でスープの濃度をお好みに合わせて下さい。

(6)最後に塩・こしょうで味を整えて、飾り用のそら豆をのせて出来上がり。

●そら豆のにんにく風味炒め

(1)そら豆を固めにゆでます。

(2)オリーブオイルをフライパンで熱し、にんにくのみじん切りを香りが出るまで炒めます。

(3)1cm幅に切ったベーコンを入れて炒めます。

(4)ベーコンに火が通ったら、2等分または4等分に切ったそら豆を入れ、軽く混ぜ炒め、
塩コショウで味を整えて出来上がりです。

●焼きそら豆

640x640_rect_18390978
(1)そら豆をサヤごと魚焼きグリルに並べ、さやが焦げるくらい強火で焼きます。

(2)片面グリルの場合は、焦げ目がついたらひっくり返します。

(3)両面が焼けたら、お皿に盛り付ける。塩を付けて召し上が
れ。 注意 食べる時、さやがとても熱いので火傷に気を付けて下さい。

ソラマメのゴマ和え

ソラマメのガーリック炒め

ソラマメのガーリック炒め


スポンサードリンク

関連記事

日傘 これだけは知っていたいね!

紫外線を気にしなければならない季節になりました。 いつの間にか紫外線をたっぷり浴びてし

記事を読む

あじさいスポットあじさい祭り 奈良県

●長谷寺 長谷寺は四季それぞれの花が咲く花の寺として多くの人々に人気があります。 6

記事を読む

水族館 この水族館のここがイイ!三ッ星水族館

★神奈川県/横浜・八景島シーパラダイス 八景島の中に、水族館、アトラクション、レストラン、ショ

記事を読む

ネモフィラ 「死ぬまでに行きたい!日本の中の世界の絶景」青!

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園。 国が設置した四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる国

記事を読む

あじさい見どころ・あじさい祭り 東京

・飛鳥山公園 350メートルに渡る飛鳥の小径に約1,300株の紫陽花。 東京都北区王

記事を読む

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう? 「山の日」として設定され

記事を読む

そうだ 潮干狩り に行こう! 関西

潮干狩りの季節になりました。 潮干狩りは家族みんなで楽しめ、子どもにとっても貴重な体験になり

記事を読む

コンクリート壁に、小さな赤いムシ…タカラダニ・人への被害は?危険?

若葉の季節、5月から梅雨に入る6月にかけて大量に発生・・・ 8月には全然見かけなくなる不思議な赤い

記事を読む

らっきょうの栄養とその食べ方

らっきょうの旬は5月頃から始まり、7月頃まで続きます。 最も多く作っているのは鹿児島県で次いで

記事を読む

サンシュユ 春を告げる!

サンシュユは春を告げる花木のひとつとして切り花や庭木、公園樹として親しまれています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑