アミノ酸とは? 意外と知られていない効果とスコア

アミノ酸とは私たちの身体そのものがアミノ酸でできていると言ってもいいほど

大きなウェイトを持つ成分です。

アミノ酸は私たちの身体の血管や内臓、皮膚、筋肉などのもとになるタンパク質を
構成しています。

食べたものを消化したり、呼吸したりできるのも、アミノ酸のおかげで
アミノ酸がなければ生命が維持できません。

私たちの身体の約20%はタンパク質といわれており、
タンパク質はアミノ酸からできているので身体の約20%はアミノ酸ということになりますね。。

体重50kgの成人であれば、10kgがアミノ酸だということですね。

自然界には約500種類のアミノ酸が存在しているそうですが、
その中でたった20種類のアミノ酸が私たちの身体を作っているのです。

アミノ酸は「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」に分けることができます。

アミノ酸

「必須アミノ酸」はからだの中で体内で合成することが出来ないので
食事からとる必要があります。

「非必須アミノ酸」は身体の中でつくることができます。

身体の中には、タンパク質を構成する20 種類のアミノ酸のほかに

まだたくさんのアミノ酸が存在しています。

私たちの体内の各組織には、タンパク質だけではなく、
それが分解して出来たアミノ酸や、新しいタンパク質を作る為のアミノ酸が用意されています。

いわゆる体内でもっているアミノ酸の在庫みたいなものです。

これらのことを遊離アミノ酸といっています。

例えば
オルニチンやシトルリン,テアニン,タウリン, アルギニン,リジン,ヒスチジン,フェニルアラニン,
チロシン,ロイシン,イソロイシン,メチオニン,バリン,アラニン,グリシン,プロリン,
グルタミン酸,セリン, スレオニン,アスパラギン酸,シスチン
等です。

遊離アミノ酸は、肝臓や筋肉などの組織内だけに限らず血液中にも多く存在して、
体内を循環しています。

どこかの組織で、手持ちのアミノ酸が不足すると、
血液中のアミノ酸をとりこんでタンパク質作りの材料にします。

反対に、組織内の遊離アミノ酸が過剰になると、血液中に放出します。

体内に日々新しいアミノ酸が運び込まれてこなければ、そこにある材料で、やりくりします。

アミノ酸がDNAの暗号にもとづいてつなぎ合わされていくときに、
新しい材料がなければ、身体は古い材料を使うしかなくって、
多少傷があったり、汚れがあっても気にしてはいられません。

それが、肌の老化ということで表面化する人もいれば、血管の老化、肝機能の衰えや
深刻な病気になる可能性があります。

アミノ酸の効果は

★筋力アップ

shutterstock_77145898

ロイシン、イソロイシン、バリン

この3つのアミノ酸は、BCCA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれています。
筋肉組織の原料となるので、筋力アップにつながります。

★集中力効果

bbca27fc140a502030bc4f1b6c03c9b6

チロシン、アルギニン、フェニルアラニン、イソロイシン、グルタミン酸

5種類は別名ブレーンアミノ酸といいます。
頭脳の働き、集中力アップに格段の効果をもたらします
特に、チロシンは、脳の神経伝達物質ドーパミンの原料となり、脳の働きを活発化させます。

★免疫力アップ

グルタミン、アルギニン

ビタミンA、C、Eを同時に摂取すると効果が高まります。
アルギニンは病原体を無毒化するマクロファージを活性化する作用があり、
グルタミンは、免疫細胞の発育と増殖を促進させる作用があります。

★肌荒れ改善

プロリン、アルギニン、システイン

コラーゲンの原料となるのが、プロリンとアルギニン。
また、シミを防ぐ効果があるのがシステインです。
コンドロイチン硫酸とビタミンCと同時に摂取するとお肌改善効果が高まります。

★髪の水分を保つ

アミノ酸を配合したシャンプーやリンス、トリートメント剤を使うと保湿力が高くなり
髪の毛が切れにくくなるなどの効果があることが実証されています。

アミノ酸スコア

食品のアミノ酸の構成を比較して栄養価を判定した数値で、
100に近いほど、アミノ酸バランスが良い食品です。

アミノ酸スコア

アミノ酸を理解して、毎日の生活にもっと役立ててみたいですね♪


スポンサードリンク

関連記事

皮付きホットリンゴで健康効果アップ!その訳は?

リンゴは「医者知らず」と言われるほど、栄養価が高く、 世界中で愛され続けています。

記事を読む

ボブから変身 夜会巻・簡単手順

ボブだから夜会巻なんてとんでもないって思ってませんか? いえいえ、ボブヘアでも夜会巻が出来るん

記事を読む

今迄の卵の常識丸つぶれ!? 卵の新常識のあれこれ!

最近卵への認識が変わってきました。 卵の栄養成分や、ちょっと気になるコレステロールとの関係をお

記事を読む

ココナッツシュガーがいいってホントかな?真実は?!

ココナッツシュガーは、ヤシの木に咲く花の花蜜を乾燥させてつくったもので、 糖質の吸収がゆっくり。血

記事を読む

ココナッツオイル が良いとされる訳

「ココナッツオイル」 最近よく耳にしますがどうして そんなにいいって言われるんでしょうか?

記事を読む

ブロッコリースプラウト 毎日買うのも大変!じゃあお家で栽培しちゃいましょう♪

アンチエイジング,がん予防,肝機能アップ,デトックス! 凄い効果のブロッコリースプラウトをお家

記事を読む

グレープフルーツと薬 相性が悪いって? その真相は?

グレープフルーツって「おいしくて、ヘルシー」と人気の果物です。 グレープフルーツは西イ

記事を読む

腹筋しても中々痩せない「ポッコリお腹」を凹ます極意は?

毎日腹筋を欠かさないのに相変わらずの「ポッコリお腹」ガッカリ・・・ そんな方多いのではないかしら。

記事を読む

要注意!スポーツドリンクでも「ペットボトル症候群」

この暑さの中、熱中症対策に清涼飲料水やスポーツ飲料を飲んでるから 大丈夫って思っていませんか?

記事を読む

炭酸水ってホントに身体にいいの?それとも悪いの?

炭酸水は、炭酸ガスを含む水で、通常の水と同じように体内に吸収されます。 炭酸水を水と同

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑