こめ油って?危険?実際はどうなの?

最近こめ油への評価が上がっています。

植物油には、消費量が多い順に 菜種油、大豆油、コーン油、こめ油、サフラワー油、
ゴマ油、綿実油、ひまわり油などがありますがこのうち、
国産原料だけで製造されているのが、こめ油です。

1009011000010_main

最近の研究ではサラダ油は万病の元。特に炒めもの、揚げ物などの加熱料理に
サラダ油は絶対ダメといわれています。

サラダ油などリノール酸を多く含む物は使わない。

特にリノール酸を加熱するとヒドロキシネノナールという毒を発生します。

ですがこめ油だけは例外なのです。

普通油は加熱すると劣化が始まりますが、こめ油は高温に強く、劣化しにくいのが特徴です。

その上で調理油の基本は

・天ぷらは ごま油。

・フライ、唐揚げなどは こめ油(米ぬか油・玄米油)。

・炒めものは こめ油かエクストラバージンオリーブオイル。

・加熱しないドレッシングやカルパッチョ、自家製マヨネーズは、
えごま油かあまに油だそうです。

4976683001084

 

images (9)

こめ油とは

こめ油の原料は米ヌカです。

米ヌカは、玄米の表層部分や胚芽で、油を20%も含んでいます。

米ヌカには精白米にはないビタミンやミネラルがたくさん含まれており、
油に溶けやすい成分も少なくありません。ですから、米ヌカを搾ったこめ油には、
玄米が持つ健康パワーが凝縮されています。

こめ油には米ぬかに含まれる天然栄養成分がたっぷり活きています。

最大の特徴は、抗酸化作用のある成分を豊富に含んでいる点です。

こめ油に特徴的な栄養成分は「γ-オリザノール」や
油の食物繊維の異名を持つ「植物ステロール」、
抗酸化作用により細胞の健康維持を助ける「ビタミンE」、
スーパービタミンEと呼ばれる「トコトリエノール」で、
どの食用油より豊富に含まれています。

こめ油特有の栄養素γ-オリザノールは更年期障害、自律神経失調症などの改善に
効果があるといわれています。

こめ油は、γ‐オリザノールなどを豊富に含んでいるため加熱安定性が良く
酸化されて劣化しやすい高度不飽和脂肪酸の割合が少ないため、
酸化される割合がひじょうに低いのです。

よく体にいいと言われるオリーブ油も単価不飽和脂肪酸を多く含む油で、
熱に強くリノール酸を多く含む油などに比べて、酸化されにくい油といわれていますが、
こめ油はさらに酸化されにくいため、どんな調理にでも安定して幅広く使えます。

今ではオリーブ油が主流のイタリアでも、こめ油は注目されているんですって。

olive oil bottle

★健康に良いとされているこめ油ですが、危険だという話があります。

米油に限らずすべての油に共通します。

これは製造過程で劇薬ノルマルヘキサンを使って
抽出されているものがあるのです。

こめ油のほとんどがこのノルマルヘキサンの抽出だと言われています。

折角素晴らしい栄養価を持ったこめ油もノルマルヘキサン抽出されていたのでは
台無しです。

★圧搾一番搾り米油はこちらを参考に

このノルマルヘキサンを使わないで抽出したものは
「圧搾一番搾り」と表記してあります。

「圧搾一番搾り」の表示を探しましょう!

 

https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/609988855751538


スポンサードリンク

関連記事

「あかぎれ」の悩み対策 5つの方法

夏の間はすべすべしていた手も寒くなってきた途端あかぎれが出来て 痛みと同時に見た目もガサガサ。手を

記事を読む

「バターコヒー」って?効果が凄い!ってホント?バターの脂肪は大丈夫?

「バターコヒー」って? え~・・・・って思いますね。 字のまんまコーヒーにバターを入れて

記事を読む

柚子を使いこなしてその恩恵を丸ごとゲット!

柚子は、日本では奈良時代から親しまれてきましたが、 その割には、焼き魚に搾ってかけたり、お吸い物に

記事を読む

皮付きホットリンゴで健康効果アップ!その訳は?

リンゴは「医者知らず」と言われるほど、栄養価が高く、 世界中で愛され続けています。

記事を読む

腹筋しても中々痩せない「ポッコリお腹」を凹ます極意は?

毎日腹筋を欠かさないのに相変わらずの「ポッコリお腹」ガッカリ・・・ そんな方多いのではないかしら。

記事を読む

炭酸水ってホントに身体にいいの?それとも悪いの?

炭酸水は、炭酸ガスを含む水で、通常の水と同じように体内に吸収されます。 炭酸水を水と同

記事を読む

甘酒って2種類あるの!?どっちがいいの?作れるの?

甘酒って寒い時に身体を温める飲み物としてしか捉えていませんでしたが、 実は凄い効果効能があったんで

記事を読む

要注意!スポーツドリンクでも「ペットボトル症候群」

この暑さの中、熱中症対策に清涼飲料水やスポーツ飲料を飲んでるから 大丈夫って思っていませんか?

記事を読む

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかないくらい大きなパワーを持っていま

記事を読む

ブロッコリースプラウト 毎日買うのも大変!じゃあお家で栽培しちゃいましょう♪

アンチエイジング,がん予防,肝機能アップ,デトックス! 凄い効果のブロッコリースプラウトをお家

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑