ニラ・花ニラ・黄ニラって?旬はいつ?栄養や食べ方は?

春から秋にかけて、同じ株から何度も収穫できるので、年間を通して出回っています。

中国や東アジアには自生していますがヨーロッパでは
現在でもほとんど栽培されていないそうです。

ニラが日本に入ってきたのは古く、『古事記』にも記載されています。

江戸時代には薬草として栽培されるようになりましたが、
野菜として広く食べられるようになったのは戦後になってからだそうです。

同じ根株から何度もとるうちに、だんだん繊維が多くなって味が落ちてくるようですが、
春先なら、やわらかくて上質のものが多く出回っています。

ニラには

葉ニラ

image02

一般的な緑の葉を食べるニラのことです。

ニラは年中出回っていてもちゃんと旬があるんですよ。

ニラは暑さにとても強く、栄養面でも非常に優れているので、
真夏でも収穫できる大切な葉野菜ですし、
スタミナ料理などによく使われるので、夏が旬と思いがちです。

でも、最も美味しい時期と言うのは少しそれより早い時期、春に初めに伸びてきた葉です。

春の出始めの葉は柔らかく、香りも強くてとても美味しいのです。

花ニラ

hananira_009

食用の花ニラ(花にら)と園芸品種の花ニラは別種です。

14890

食用とされる花ニラは、葉を食用とするニラ(葉ニラ)の花茎とその先に付く袋状の蕾の部分です。

葉を食用とするニラに対してとう立ちした花茎を食べるので花ニラと呼ばれています。

シャキッとした歯ごたえがいいですね。

風味は葉ニラほど強くはなくほんのりと甘みがあって美味しいです。

旬は初夏から晩夏です。

花ニラ専用の品種「テンダーポール」や「マルイチポール」なども開発され、
より美味しい花にらが出回っています。

黄ニラ

kinira002-1

別名にらもやし。青にらと同じ品種で青い葉を収穫した後、
黒いビニールで日光を遮り軟化栽培すると新しく出てくる葉は黄色になります。

ほのかに甘く、香りは淡く上品。高級な中国料理に使われます。

旬は2月です。

選び方

葉先がまっすぐ伸びていて勢いのいいもの、
葉の肉が 厚く、みずみずしい感じのものを選ましょう。

収穫する際に刈り取られた切り口を確認し、
またみずみずしく、切り口が新しい物を選びましょう。

保存

ぬれた新聞紙などにくるんで冷蔵庫に入れて保管するといいそうです。

栄養価

ニラといえば、すぐに独特のにおいを連想してしまいますが、
そのにおいはネギ・玉ねぎと同じ硫化アリル(アリシン) で、消化酵素の分泌を促し、
食欲増進に効果を発揮し、ビタミン B1の吸収を高め疲労回復に効果を発揮します。

ニラはβ-カロテンやビタミンA、ビタミンC、食物繊維、
カルシウム、リン、鉄などのミネラルが豊富で、
カリウムや骨の健康維持に役立つビタミンK、造血作用のある葉酸なども含んでいます。

カルシウムはほうれんそうにひけをとりません。

強力な抗酸化作用
アンチエイジング効果や抗がん作用、
血栓の予防・改善
血行を促進し体を温める作用(冷え性の改善)

料理法

野菜炒め、ギョウザの 具、にら玉、みそ汁、にらレバー、にら雑炊

マヨ醤油ゴマ和え

うまうま♡肉味噌ニラチャーハン

など工夫しだいでいろいろ考えられる食材です。美味しく頂いて下さいね~♪


スポンサードリンク

関連記事

日傘 これだけは知っていたいね!

紫外線を気にしなければならない季節になりました。 いつの間にか紫外線をたっぷり浴びてし

記事を読む

思いったったらBBQ、今どきのバーベキュー最新情報!

これから夏に向けて本格的バーベキューシーズンですね。 日本生産性本部発行の『レジャー白書201

記事を読む

あじさい祭り 茨城県

あじさいの美しく映える季節になってきました。 茨城県のあじさいの情報です♪ ・保和苑

記事を読む

ネモフィラ 「死ぬまでに行きたい!日本の中の世界の絶景」青!

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園。 国が設置した四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる国

記事を読む

ふるさと納税で 佐藤錦♪

ふるさと納税は、自治体への寄附金のことです。 個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民

記事を読む

三寒四温意味?正しい使い方してる?

三寒四温の意味は冬の間の時期に、 3日間の寒い日と、4日間の暖かい日が続き、 寒暖が繰り返される

記事を読む

あじさい祭り 群馬県

あじさいは不思議な色の変化で見る人の心を別世界へと誘い、 なんともいえない癒しを感じます。

記事を読む

デング熱 予防接種や予防方法はある?特効薬はある?

昨年は約70年振りにデング熱が発生し、代々木公園の一部が閉鎖され 世間が騒然となりましたが、今

記事を読む

新玉ねぎ 栄養と効果があまりにも凄い!一杯食べましょ!

玉ねぎは、日持ちを良くするために収穫してから 1カ月ほど乾燥させて出荷したものですが、 新玉ねぎ

記事を読む

あじさいスポットとあじさい祭り京都府

★舞鶴自然文化園 この時期 50種「ひと目五万本」のアジサイで埋め尽くされ 「アジサ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑