かたくりの花 可憐ですね~

私達の周りではほとんど見かけることはないカタクリの花。
かたくりの花はユリ科の多年草で、花が咲くまでに7~8年かかると言われています。

katakuri

3月下旬から4月中旬頃まで晴れた日にのみその可憐な姿を見ることができますが、
雨や、曇りの日にはつぼみのままです。

「春の妖精」とも「春の女王」ともいわれるカタクリの花は、現在、
乱獲や自然破壊により絶滅が心配されている植物とされています。

現在ではカタクリは乱獲や自然破壊により絶滅が心配されている植物とされていて
カタクリの咲く地方ではいまカタクリを保存し育てようという取り組みが盛んに行われています。

神奈川県相模原市の「城山かたくりの里」

雨や、曇りの日にはつぼみのままの姿で、
晴れた日にしかその可憐な姿を見ることができません。

カタクリの語源は、日本の野生植物(平凡社)によれば、

「鱗茎からデンプンが採れ、かたくり粉といって食べた。しかし、今のかたくり粉は
ジャガイモのデンプンである。古名の「かたかご」が
「かたこゆり」になり、さらに転じて「かたくり」になったと言われる。」そうです。

名所一覧

万葉自然公園かたくりの里➡(栃木県・佐野市)万葉集の歌にも詠まれた
             三毳山(みかもやま)の北斜面に群生しています。
             昭和50年後半から地元の人の保護活動が実って
            昭和62年から佐野市が群生地を天然記念物に指定し、
            公園として整備しました。
清水山憩いの森➡東京都・練馬区東京23区内で現在確認されている唯一の自生地で、
        1976年か らは大切に保護されています。
城山かたくりの里➡(神奈川県・津久井郡城山町)津久井湖の近郊にある城山町の
          “カタクリの里”は、30万株と南関東随一のかたくりの自生地。
          株と株の間隔が狭く、花が密生して咲くことから人気があります。
          紅紫色の花を一塊に寄せ集めたようなの里の群落美はとりわけ美しい。
         30年以上前には、ただの雑木林だった所を所有者が親子2代にわたって
         生育に努め、町を代表する観光地にまで仕上げたそうです。

清住カタクリの里➡兵庫県丹波市氷上町清住
         3月下旬~4月中旬/200円/駐車場300円 氷上町観光協会0795-82-8210

三日月&徳久かたくりの里➡兵庫県佐用郡佐用町三日月&東徳久
             3月下旬~4月中旬 佐用町商工観光課 0790-82-0670

鏡野町大地区➡岡山県苫田郡鏡野町大地区 約30アール/4月t上旬~4月中旬/
大地区(旧 富村)の山裾にかたくりの自生地がある/
開花にあわせて「カタクリの花まつり」を実施

佐引カタクリ群生地➡岡山県真庭市別所・佐引 約20ha/4月上旬~中旬/
          駐車場あり/有名な醍醐桜に近い所、
          標高約260mの山の斜面に約20アールのカタクリの自生地が広がり、
          地元では「佐引カタクリ保存会」をつくり保存に努めています。


スポンサードリンク

関連記事

カツオ 旬 人気はなぜ?寿命がのびる?

初カツオは、「カツオのたたき」が人気。薬味をたっぷりかけて旬を頂きたいですね。 カツオ

記事を読む

白木蓮とこぶし 違うの?

春になるといろいろ花が咲きだします。 桜は勿論美しいですが、真っ白な白木蓮(ハクモクレン)も目

記事を読む

ホタル祭りに行ってホタルを見よう~埼玉県

夏の夜に幻想的なホタルの光を見に行きませんか! 各地の「ホタル祭り」があってホタルが観賞できる

記事を読む

ふるさと納税で 佐藤錦♪

ふるさと納税は、自治体への寄附金のことです。 個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民

記事を読む

あじさい祭り 埼玉県

・吉祥寺 毎年6月(土・日)「吉祥寺あじさい弁天まつり」が開催されます。 北関東を代

記事を読む

湘南ひらつか七夕まつり 織ひめパレード や 屋台

湘南ひらつか七夕まつりは関東三大七夕祭りの一つです。 約500本、中には10mを超える

記事を読む

新茶 の季節。栄養丸ごと頂戴します!

新茶 の季節です。 緑茶は血糖値の抑制やコレステロール低下、肥満予防などの効果が注目さ

記事を読む

虫除け 続々登場!着る?貼る?塗る?効果は?

虫除け商品の関心が今年は一段と高まっています。 昨年70年ぶりにデング熱が確認されたこと、アウ

記事を読む

ビアガーデン 2015 東京

●森のビアガーデン 東京都新宿区霞ヶ丘町14-13 神宮児童遊園内 03-5411-3715

記事を読む

御衣黄 桜をチェック!

御衣黄(ギョイコウ)はオオシマザクラ系のサクラで、 京都の仁和寺で栽培されたのが始まりというのが有

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑