「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。

なんの日なんでしょう?
「山の日」として設定された国民の祝日になります。

「山の日」は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」
為の日だそうです。

日本は3/4が山地の国です。廻りは海に囲まれているため山と海の恵みに
感謝しながら畏敬の念を持って生活してきました。

ですから「海の日」が1995年に制定され現在は7月の第3月曜日ですが、
「山の日」は「海の日」があるのになぜ「山の日」がないんだと言う
ことから制定されたのかなって思ってしまっていました。

調べてみると

山岳5団体が制定運動を起こしたそうなんです。

そのアピールは
日本は山の国です。古くから日本人は山に畏敬の念を抱き、
森林の恵みに感謝し、自然とともに生きてきました。
山の恩恵は渓谷の清流を生み、わが国を囲む海へと流れ、
深く日常生活とかかわりながら、豊かな心をも育んできました。
わが国の文化は、「山の文化」と「海の文化」の融合によって
その根幹が形成されたといわれます。
わたしたち5つの山岳団体は、国民祝日としての 「山の日」 制定を提案します。
「山の日」は、美しく豊かな自然を守り、次世代に引き継ぐことを
国民のすべてが銘記する日です。
祝日「海の日」と対をなして、皆が山との深いかかわりを考える日にしたいと思います。
山々がからだの健康や心の健康に欠くことのできない
フィールドであることを再確認し、登山の楽しみを広く伝えたいと念願します。

わたしたちの提案に賛同され、より多くの方々、団体より、
ご理解とご支援、ご協力を賜りますようお願いいたします。

と言うものです。

これから毎年やってくる国民の祝日の「山の日」
日本の山には登山は勿論、森林浴に温泉珍しい動植物等魅了が一杯です。

日本の登山は、山そのものを崇拝する山岳信仰から始まったと言われています。
人々は神仏に祈りをささげるために山頂を目指しました。

明治時代になあると外国人登山家が日本の山を登るようになり、

登山自体を楽しむ考えが広まりました。

戦後は登山の楽しみが庶民にも広がり、1990年代には「日本100名山」ブームで
大勢の人が山に登りました。

2000年代には「山ガール」と呼ばれるオシャレな格好で登山を楽しむ女性が増え
2009年の登山人口は過去最高の約1200万人になりました。

近年は山の楽しみ方も多様化し、山道を走るトレイルランニングなども人気です。

山は多くの「恵み」を与えてくれる場所でもあります。
森林が生み出すキレイでおいしい水、山菜やキノコ等の山の幸、
美しい景観と新鮮な空気。その中で楽しむキャンプや山下り等
ストレスから解放し心身をリフレッシュしてくれます。

山道を歩くと、エネルギーの消費が大きく、体脂肪が減少して健康増進に
繋がります。
森の中を歩く森林浴も、ストレス発散に効果があると言われています。

樹林の中を登っていて、森林限界を抜けた瞬間に、景色が変わり
山々の稜線が見え、空が見えます。
この瞬間の喜びは山登りの醍醐味かもしれません。


火山が生み出す「温泉」も山の恵みの1つです。
日本人だけでなく外国人にも人気が有り、観光地として、多くの人が
訪れ地域の活性化に役立っています。

山は気象条件が厳しく、平地と異なる生態系が広がっていて
珍しい動植物が多く、登山中に見かける花の群生やお花畑は
私たちの心を癒してくれます。

・コマクサ

コマクサ

・チングルマ

チンガシラ

・ミズバショウ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、山には様々な危険もあります。
「山の天気は変わりやすい」と言われるように、晴れていても
急に天気が悪くなることが多く自己や遭難に繋がりかねません。

噴火も要注意です。御嶽山は(長野県・岐阜県)は14年9月紅葉シーズンに噴火し、
63人が死亡・行方不明となりました。

下界では見る事の出来ない光景に触れると山に神様がいると
信じたい気持ちになります」。

山に出かける際は気象や火山の情報にも細心の注意を払わなければなりません。

登山者の名前や行程・家族などの連絡先を記した登山届も重要です。
事前に警察などに提出し、遭難時の救助・創作活動に役立ててもらいます。

山に入る際は、レインウエアや着替え、予備の食料、ヘッドランプなど十分な装備を
用意しましょう。
自分のレベルに合った山を選ぶことも必要です。
安全に気を配り、万全の準備をすれば、きっと楽しい登山になるに違いありません。


スポンサードリンク

関連記事

こごみって?とっても不思議な姿!栄養は?

こごみって? こごみは山菜です。 「こごみ」は漢字で「屈」と書くように、芽が出てくる様が

記事を読む

コンクリート壁に、小さな赤いムシ…タカラダニ・人への被害は?危険?

若葉の季節、5月から梅雨に入る6月にかけて大量に発生・・・ 8月には全然見かけなくなる不思議な赤い

記事を読む

あじさい祭り 埼玉県

・吉祥寺 毎年6月(土・日)「吉祥寺あじさい弁天まつり」が開催されます。 北関東を代

記事を読む

虫除け 続々登場!着る?貼る?塗る?効果は?

虫除け商品の関心が今年は一段と高まっています。 昨年70年ぶりにデング熱が確認されたこと、アウ

記事を読む

キビタキ 美しい声と姿!ナルシッス フライングキャッチャー

キビタキ【narcissus flycatcher】は 鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。

記事を読む

あじさいスポットあじさい祭り 奈良県

●長谷寺 長谷寺は四季それぞれの花が咲く花の寺として多くの人々に人気があります。 6

記事を読む

日本三大競技花火大会と日本三大花火大会って違うの?

日本三大競技花火大会と日本三大花火大会って主旨が違うようです。 競技花火大会は単に花火を打ち上

記事を読む

あじさい見どころとあじさい祭り 神奈川県

・横浜・八景島シーパラダイス あじさいの滝、あじさい坂、あじさいロードなどに2万株の紫

記事を読む

新玉ねぎ 栄養と効果があまりにも凄い!一杯食べましょ!

玉ねぎは、日持ちを良くするために収穫してから 1カ月ほど乾燥させて出荷したものですが、 新玉ねぎ

記事を読む

花桃 その見事さ!

花桃 はバラ目バラ科サクラ属の耐寒性落葉低木です。 花を観賞するために改良されたモモで、花つき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑