糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、
ストレスを溜めのもカラダには良くありません。

活性酸素を生む要因にもなります。

適量に美味しく楽しく、ストレスなく食事を楽しむことも大切です。

そのためには糖化を防ぐ「低GI値」を知ってることも
必要なことですね。

低GI値の食品の一覧です。

ブドウ糖を基準値100とし、60以下が低GI食品とされ、抗糖化対策になります。

GI値が高いもの(61以上)
GI値が低いもの(60以下

1.穀物・パン・麺類

穀類

【GI値が高いもの】

食パン・・・・95
フランスパン・95
白米・・・・・88
ビーフン・・・88
もち・・・・・85
うどん・・・・85
ロールパン・・83
そうめん・・・80
赤飯・・・・・77
ベーグル・・・75
パスタ・・・・65
インスタントラーメン・・・73
コーンフレーク・・・・・・75

【GI値が低いもの】

おかゆ(精白米)・・・57
玄米・・・・・・・・・55
ライ麦パン・・・・・・55
オートミール・・・・・55
そば・・・・・・・・・54
中華麺・・・・・・・・50
麦・・・・・・・・・・50
全粒粉パン・・・・・・50
パスタ(全粒粉)・・・50
おかゆ(玄米)・・・・47
春雨・・・・・・・・・32

2.野菜類

野菜類

【GI値が高いもの】

ジャガイモ・・・90
ニンジン・・・・80
山芋・・・・・・75
とうもろこし・・75
長いも・・・・・65
かぼちゃ・・・・65
里芋・・・・・・64

【GI値が低いもの】

栗・・・・・・・60
さつまいも・・・55
レンコン・・・・38
松茸・・・・・・29
えのき・・・・・29
エリンギ・・・・28
しいたけ・・・・28
長ネギ・・・・・28
しめじ・・・・・27
なめこ・・・・・26
くらげ・・・・・26
キャベツ・・・・26
ピーマン・・・・26
サヤインゲン・・26
大根・・・・・・26
竹の子・・・・・26
ブロッコリー・・25
春菊・・・・・・25
かぶ・・・・・・25
ナス・・・・・・25
セロリ・・・・・24
かいわれ大根・・24
マッシュルーム・24
モロヘイヤ・・・24
こんにゃく・・・24
にがうり・・・・24
クレソン・・・・23
小松菜・・・・・23
チンゲンサイ・・23
キュウリ・・・・23
レタス・・・・・23
みょうが・・・・23
サラダ菜・・・・22
もやし・・・・・22
ほうれん草・・・15
グリーンアスパラ・・・25

3.果物

果物

【GI値が高いもの】

パイナップル・65
黄桃缶詰・・・63

【GI値が低いもの】

レーズン・・・57
みかん缶詰・・57
バナナ・・・・55
ぶどう・・・・50
マンゴー・・・49
メロン・・・・41
桃・・・・・・41
柿・・・・・・37
さくらんぼ・・37
りんご・・・・36
洋梨・・・・・36
キウイ・・・・35
ブルーベリー・34
プルーン・・・34
レモン・・・・34
梨・・・・・・32
オレンジ・・・31
パパイヤ・・・30
あんず・・・・29
イチゴ・・・・29
アボカド・・・27
グレープフルーツ・・・31

4.肉類・魚介類

肉類・魚介類

【GI値が高いもの】

なし

【GI値が低いもの】

ちくわ・・・・55
かまぼこ・・・51
焼き豚・・・・51
ツナ缶・・・・50
ベーコン・・・49
サラミ・・・・48
つみれ・・・・47
ハム・・・・・46
牛肉・・・・・46
豚肉・・・・・46
ソーセージ・・46
鶏肉・・・・・45
鴨・・・・・・45
ラム・・・・・45
牡蠣・・・・・45
ウニ・・・・・44
シジミ・・・・44
あわび・・・・44
うなぎ蒲焼・・43
ハマグリ・・・43
ほたて・・・・42
まぐろ・・・・40
アジ・・・・・40
穴子・・・・・40
えび・・・・・40
イカ・・・・・40
たらこ・・・・40
ししゃも・・・40
しらす・・・。40
イクラ・・・・40
アサリ・・・・40

5.乳製品・卵

乳製品

【GI値が高いもの】

練乳(加糖)・・・・・82
アイスクリーム・・・65

【GI値が低いもの】

クリームチーズ・・・39
ドリンクヨーグルト・33
マーガリン・・・・・33
スキムミルク・・・・31
バター・・・・・・・30
卵・・・・・・・・・30
低脂肪乳・・・・・・30
牛乳・・・・・・・・25
プレーンヨーグルト・25

6.豆類・海藻類

豆類・海藻類

【GI値が高いもの】

こしあん・・・80
つぶあん・・・78

【GI値が低いもの】

厚揚げ・・・・・46
小豆・・・・・・45
グリーンピース・45
油揚げ・・・・・43
豆腐・・・・・・42
おから・・・・・35
納豆・・・・・・33
大豆・・・・・・30
枝豆・・・・・・30
カシューナッツ・29
アーモンド・・・25
豆乳・・・・・・23
ピスタチオ・・・23
ピーナッツ・・・20
ひじき・・・・・19
昆布・・・・・・17
青海苔・・・・・16
寒天・・・・・・12
もずく・・・・・12
ところてん・・・11

7.お菓子・飲料水・お酒

.お菓子・飲料水・お酒

【GI値が高いもの】

キャンディー・・・108
どら焼き・・・・・95
チョコレート・・・91
大福餅・・・・・・88
ドーナツ・・・・・86
キャラメル・・・・86
フライドポテト・・85
ショートケーキ・・82
ホットケーキ・・・80
みたらし団子・・・79
クッキー・・・・・77
クラッカー・・・・70
カステラ・・・・・69
アイスクリーム・・65

【GI値が低いもの】

ポテトチップス・・60
プリン・・・・・・52
ココア・・・・・・47
ゼリー・・・・・・46
ワイン・・・・・・40
カフェオレ・・・・39
サワー・・・・・・38
日本酒・・・・・・35
ビール・・・・・・34
ブラックコーヒー・16
ストレートティー・10
緑茶・・・・・・・10
コーヒー(ミルク入り)・・・35

8.調味料

調味料

【GI値が高いもの】

グラニュー糖・・110
上白糖・・・・・109
氷砂糖・・・・・100
黒砂糖・・・・・99
水飴・・・・・・93
はちみつ・・・・75
こしょう・・・・73
メープルシロップ・・・73
【GI値が低いもの】

カレールー・・・・・49
練りわさび・・・・・44
みそ・・・・・・・・34
オイスターソース・・30
ケチャップ・・・・・30
ウスターソース・・・29
和風だしの素・・・・21
めんつゆ・・・・・・20
豆板醤・・・・・・・19
みりん・・・・・・・15
コンソメ・・・・・・15
マヨネーズ・・・・・15
マスタード・・・・・14
醤油・・・・・・・・10
塩・・・・・・・・・10
トマトソース・・・・9
米酢・・・・・・・・8
ワインビネガー・・・2

★コラーゲンの糖化を抑えてくれるお茶

柿の葉茶、クマザサ茶、グアバ茶、シソ茶、甜茶、ドクダミ茶、ルイボスティー、
セイヨウサンザシのジュース、ブドウの葉

 

 


スポンサードリンク

関連記事

シリカ(ケイ素)って?知らないと損しちゃうかも!

今シリカ(ケイ素)に注目が集まっています。 シリカって?岩石や土壌、粘土などを構成している元素

記事を読む

甘酒って2種類あるの!?どっちがいいの?作れるの?

甘酒って寒い時に身体を温める飲み物としてしか捉えていませんでしたが、 実は凄い効果効能があったんで

記事を読む

今迄の卵の常識丸つぶれ!? 卵の新常識のあれこれ!

最近卵への認識が変わってきました。 卵の栄養成分や、ちょっと気になるコレステロールとの関係をお

記事を読む

レンコンで粘膜強化!「ノロウイルス」「インフルエンザ」等感染症予防に!

古くから食料としても大切にされてきたレンコンですが 最近では、驚きのレンコンパワーとして NHK

記事を読む

「水中毒」って?死亡することも!

「水中毒」ってどんな病気? 「水中毒」ってあまり聞きなれない言葉ですね。 聞いてもピンと

記事を読む

ブロッコリースプラウト どれぐらい食べると身体が喜ぶのでしょう?

今朝の朝イチでも取り上げられていたブロッコリーとブロッコリースプラウト。 ブロッコリー

記事を読む

ココナツオイルでアルツハイマー病の進行を抑えたメアリーのお話

アルツハイマー病は未だによく分からない進行性の 神経変性疾患です。 最終的には寝たきりになる

記事を読む

シュガースクラブ 手作りで美肌を手に入れましょう!

これからの季節、半袖やサンダルなど、肌の露出が増えますが、 ガサガサのひざやかかとが気になって、素

記事を読む

柚子を使いこなしてその恩恵を丸ごとゲット!

柚子は、日本では奈良時代から親しまれてきましたが、 その割には、焼き魚に搾ってかけたり、お吸い物に

記事を読む

酵素ダイエット ホントに痩せるの?痩せるからくりは・・・

このところ、酵素ダイエットが流行っていますが、 酵素を摂取すれば本当に誰でも簡単に痩せられるのかし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑