柚子を使いこなしてその恩恵を丸ごとゲット!

柚子は、日本では奈良時代から親しまれてきましたが、
その割には、焼き魚に搾ってかけたり、お吸い物に香りつけに入れたり、
香りと飾りそして柚子湯に入れたりするくらいで、柚子をすっかり
使いこなしているとは言えませんでした。

柚子

最近、フランスをはじめ欧州で大人気なってる柚子の斬新なすご技から、
色々参考になることもありそうです。

柚子のビタミンC含有量は果物の中ではトップクラスです。
柑橘類の中では一番といわれています。

レモンの1.5倍のビタミンCを無駄にすることなく柚子を使いこなすためには
ドレッシングがおススメです。

ゆずの「白いワタ」も全部一緒に使うことで、
ビタミンCを長もちさせる効果があることが分かっています。

ゆずの皮

ビタミンCが体内に吸収されると、動脈硬化やがんの原因となる
活性酸素を取り除く働きをしますが、その働きは長続きせず酸化してしまい、
効果が無くなってしまいます。

「白いワタ」には、果肉や黄色い皮と比べて「ヘスペリジン」という成分が多く含まれていて
ヘスペリジンと一緒にビタミンCを摂取すると、ビタミンCが酸化しても、
ヘスペリジンが元のビタミンCに戻してくれるのです。
ラットを使った実験で、ヘスペリジンを与えると
ビタミンCの残存量が4倍になるというデータも存在しています。

また、「白いワタ」を使うと、ドレッシングが分離しにくくなります。
白いワタには、食物繊維が多く含まれていて、粘りが出るためです。

ヘスペリジン研究15年の三皷仁志さんによると、分離せずに混ざった状態のドレッシングには
ヘスペリジンが均一に分散されているため、ヘスペリジンの吸収量が増えます。

一方、白いワタを使わず、分離したドレッシングを振って混ぜても、吸収量は増えないそうです。

ゆずドレッシング 

材料
・ゆず・・・1コ
・ゆず果汁・・・25ミリリットル
・オリーブ油・・・100ミリリットル
・塩、こしょう・・・適量

作り方

(1)ゆずは黄色い皮をむく。皮をむいたゆずは種を取って、さっくりと切る。
(2)ミキサーに(1))を入れて、好みでゆず果汁を加えたら、粘りが出るまでかくはんする。
(2)をボウルにあけ、塩、こしょう、オリーブ油を加えてよく混ぜる。

又ビタミンCは果皮に多く含まれているので、
皮ごと食べると美肌や風邪予防に効果的です。
簡単に作れるのははちみつ漬けです。

柚子はちみつ漬け
はちみつ漬けで残った種は、は保湿作用のあるペクチンが豊富で、
種の油はシミ対策にもなるそうなので手作り化粧水にするのがおススメです。

ゆずの種の化粧水でコットンパックすると乾燥しらずのもちもち肌になれるそうですよ。

ゆずの種化粧水 つくりかた

柚子の種

1.消毒した瓶の1~2割ほどの量のゆずの種を入れ、焼酎(20度以上)を注ぎ入れます。

2.1週間ほど置きとろみがついたら種を取り除いて完成。精製水で薄めてつかいます。

※お肌の弱い方は精製水のみでもOK。その場合は日持ちしないので、
早めに使い切るようにします。お好みでゆずの皮を少し入れると見た目にもかわいくなります。
これから冬至に向けて気軽に手に入るゆずを、
からだの内外から取り入れて柚子の恩恵を受けましょう。

 

 


スポンサードリンク

関連記事

アタマジラミ 子供に流行!対策と予防!

東京都内の保育園に通うA君が「頭が痒い」と訴えるので母親が調べると アタマジラミが見つかり、慌てて

記事を読む

甘酒って2種類あるの!?どっちがいいの?作れるの?

甘酒って寒い時に身体を温める飲み物としてしか捉えていませんでしたが、 実は凄い効果効能があったんで

記事を読む

ヒルドイド 「高価な化粧品より効果がある」って?実際は?使ってみました!

「夏にヒルドイドの話題っていうのもな」って思いながら ヒルドイドクリームと HPクリームの一

記事を読む

ココナッツオイル が良いとされる訳

「ココナッツオイル」 最近よく耳にしますがどうして そんなにいいって言われるんでしょうか?

記事を読む

チアシードとは 徹底分析してみました~

チアシード(Chia seed)は、 古くはマヤ民族やアステカ民族の時代から 主要な栄養源のひと

記事を読む

酵素ダイエット ホントに痩せるの?痩せるからくりは・・・

このところ、酵素ダイエットが流行っていますが、 酵素を摂取すれば本当に誰でも簡単に痩せられるのかし

記事を読む

皮付きホットリンゴで健康効果アップ!その訳は?

リンゴは「医者知らず」と言われるほど、栄養価が高く、 世界中で愛され続けています。

記事を読む

就活その前髪で行く?好感度アップの前髪作り方

就活では第一印象ってやっぱり大事ですね。 第一印象のほとんどは髪型で決まるんですって。

記事を読む

「あかぎれ」の悩み対策 5つの方法

夏の間はすべすべしていた手も寒くなってきた途端あかぎれが出来て 痛みと同時に見た目もガサガサ。手を

記事を読む

ココナッツシュガーがいいってホントかな?真実は?!

ココナッツシュガーは、ヤシの木に咲く花の花蜜を乾燥させてつくったもので、 糖質の吸収がゆっくり。血

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑