「バターコヒー」って?効果が凄い!ってホント?バターの脂肪は大丈夫?

「バターコヒー」って?

え~・・・・って思いますね。

字のまんまコーヒーにバターを入れて飲むんです。

バターコーヒー1

「バターはカロリーも脂肪分も高くって逆に太ってしまう!」と思ってしまいますね。

ところがダイエット効果や集中力アップ効果があると、今アメリカで大注目なんですって!

「コレステロールや中性脂肪が減る」「お通じがよくなる」
「空腹感を感じない」「集中力が上がる」「減量できる」等の効果が
「バターコーヒー」を続けることで、期待できるそうです。

何だかバターでって信じられない気もしますが・・・

アメリカではセレブも夢中! だって言われてるんですが・・・

「バターコーヒー」は、シリコンバレーのIT起業家であるデイヴ・アスプリー氏の著書
『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』
(ダイヤモンド社・1600円+税)で知られるようになった飲み物なんです。

この「バターコーヒー」は、
アスプリー氏が150kgもの体重と不健康な体をどうにかしようと、
3600万円もの大金を投入し、世界中の食事&ダイエットを自分の体を使って検証した結果、
最強の食事法と並んで推奨し朝食の代わりに飲むことを実践しています。

アスプリー氏は自ら「バターコーヒー」と食事法とで、
150kgから100kg以下になっただけでなくIQも20も上がって、
エネルギッシュな毎日を過ごしていると言っています。

只普通のバターではダメなんですって。

でしょうね・・・・

そのポイントはバター選びにあるそうです。

「バターコーヒー」に使用するのはグラスフェッドバターと言われる、
牧草飼育の牛からとれたミルクでできた無塩バターのみだそうです。

グラスフェッドバターは
普通のバターと異なり、中性脂肪や悪玉コレステロールが減少するのが最大の特徴なんですって。

このグラスフェッドバターには不飽和脂肪酸という良質の脂肪分が多く含まれているため、
エネルギーとして効率よく消費され、体脂肪を増加させないと同時に、
血糖値が上昇しにくいというメリットもあります。

著書のデイヴ・アスプリー氏が紹介している「バターコーヒー」は

・良質の豆で淹れたコーヒー 1杯
・グラフェッドバター 大さじ1杯
・ココナッツオイル 大さじ1杯

以上3つの材料をよく混ぜる合わるだけです。

必ずよく混ぜることが大事だそうです。

よく混ぜることでバターやオイルが分解され、
脂肪をエネルギーに変換されやすくなるのだそうです。

ココナッツオイルを入れることで最強になるのかもしれませんね。

ココナッツオイル

朝食代わりに飲むとお昼まで空腹感がなく、
ムダなものを食べてしまうことがないのもいいことだと思いました。

でもダイエットには朝食に「バターコーヒー」を飲むだけでなく
食事内容や量に気を付けて、適度な運動を行うことは言うまでもありませんね。

グラスフェッドバターを購入するには

フランス産発酵(グラスフェッドバター)
ながほら牧場グラスフェッドバター

 

 


スポンサードリンク

関連記事

「二の腕」のエクササイズは全身の老化も食い止めるって!?

「二の腕」のたるみが全身の老化に直結するって? 「二の腕」のたるみって鍛えにくいですよね。

記事を読む

チアシードとは 徹底分析してみました~

チアシード(Chia seed)は、 古くはマヤ民族やアステカ民族の時代から 主要な栄養源のひと

記事を読む

シリカ(ケイ素)って?知らないと損しちゃうかも!

今シリカ(ケイ素)に注目が集まっています。 シリカって?岩石や土壌、粘土などを構成している元素

記事を読む

ココナツオイルでアルツハイマー病の進行を抑えたメアリーのお話

アルツハイマー病は未だによく分からない進行性の 神経変性疾患です。 最終的には寝たきりになる

記事を読む

「あかぎれ」の悩み対策 5つの方法

夏の間はすべすべしていた手も寒くなってきた途端あかぎれが出来て 痛みと同時に見た目もガサガサ。手を

記事を読む

今迄の卵の常識丸つぶれ!? 卵の新常識のあれこれ!

最近卵への認識が変わってきました。 卵の栄養成分や、ちょっと気になるコレステロールとの関係をお

記事を読む

皮付きホットリンゴで健康効果アップ!その訳は?

リンゴは「医者知らず」と言われるほど、栄養価が高く、 世界中で愛され続けています。

記事を読む

国民総筋肉量って?人生ラスト10年 生活の質を下げないために

生活の質がどうであれ、できるだけ長生きしたいと思いますか? やはり皆さん「ピンピンコロリ」が理

記事を読む

スーパーフードって何?スーパーフード10種

最近食に対す意識がどんどん高まっています。 お腹がすいたから食べるという意識だけではなく、

記事を読む

こめ油って?危険?実際はどうなの?

最近こめ油への評価が上がっています。 植物油には、消費量が多い順に 菜種油、大豆油、コーン油、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑