皮付きホットリンゴで健康効果アップ!その訳は?

リンゴは「医者知らず」と言われるほど、栄養価が高く、
世界中で愛され続けています。

ホットりんご1

ビタミン、ミネラル類、有機、食物繊維をたっぷり含む上に、
近年は抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富で生活習慣病の予防や老化防止にも
有効であることが知られ、一層人気が高まっていますよね。

その上に低カロリーで丸ごと一個が僅か80キロカロリーほどなのに
腹持ちもよいため、ダイエットにも最適です。

こんなに手軽で美味しく栄養豊富なリンゴですが、
「皮付き」のまま「加熱して食べる」と、さらに健康効果が上がることをご存知ですか?

ホットりんご
■加熱することでペクチン&オリゴ糖が増加!

リンゴを皮付きのまま加熱すると、皮と果実の間にあるプロトペクチンという
不溶性食物繊維が水溶性のペクチンに変化します。

このペクチンには善玉菌(ビフィズス菌)のエサになるオリゴ糖が含まれているため、
生で食べたときよりも腸内で善玉菌を増やす働きをしてくれるのです。

その結果、腸内環境が改善されて便秘解消、肌荒れ改善などが期待できます。

また、温めることで冷えが気にならなくなる、生で食べるよりもたっぷり量が食べられる
などのメリットもあります。

■レンジで1分半温めるだけでOK!

ポイントは「皮付き」のまま「加熱」することですから、調理法は問いません。

オーブンでじっくり焼いても、蒸し煮にしても、ジャムにしても
ペクチン&オリゴ糖の効果は期待できます。

これは嬉しいですね♪

簡単なレシピは、皮付きのままくし切りにして、電子レンジ(600W)で
1分半~2分加熱するだけでもOK。

お好みのアレンジでハチミツやシナモンをかけたり、バターを塗ったパンに載せたり、
ヨーグルトと混ぜたりして楽しんでください。

皮付きだと農薬が心配だというかもしれませんが、気になる場合は、水洗いをすれば十分。

最近は農薬の研究も進み、量も回数も少なくなっているため、
あまり神経質になる必要はないようです。

寒さが厳しくなるこれからは、皮付きホットリンゴを食べて
体の内側から健康にそしてキレイになりましょう!

 

 


スポンサードリンク

関連記事

シュガースクラブ 手作りで美肌を手に入れましょう!

これからの季節、半袖やサンダルなど、肌の露出が増えますが、 ガサガサのひざやかかとが気になって、素

記事を読む

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありません。 活性酸素を生む要

記事を読む

炭酸水ってホントに身体にいいの?それとも悪いの?

炭酸水は、炭酸ガスを含む水で、通常の水と同じように体内に吸収されます。 炭酸水を水と同

記事を読む

腹筋しても中々痩せない「ポッコリお腹」を凹ます極意は?

毎日腹筋を欠かさないのに相変わらずの「ポッコリお腹」ガッカリ・・・ そんな方多いのではないかしら。

記事を読む

甘酒って2種類あるの!?どっちがいいの?作れるの?

甘酒って寒い時に身体を温める飲み物としてしか捉えていませんでしたが、 実は凄い効果効能があったんで

記事を読む

こめ油って?危険?実際はどうなの?

最近こめ油への評価が上がっています。 植物油には、消費量が多い順に 菜種油、大豆油、コーン油、

記事を読む

ボブから変身 夜会巻・簡単手順

ボブだから夜会巻なんてとんでもないって思ってませんか? いえいえ、ボブヘアでも夜会巻が出来るん

記事を読む

シリカ(ケイ素)って?知らないと損しちゃうかも!

今シリカ(ケイ素)に注目が集まっています。 シリカって?岩石や土壌、粘土などを構成している元素

記事を読む

国民総筋肉量って?人生ラスト10年 生活の質を下げないために

生活の質がどうであれ、できるだけ長生きしたいと思いますか? やはり皆さん「ピンピンコロリ」が理

記事を読む

ココナッツオイル が良いとされる訳

「ココナッツオイル」 最近よく耳にしますがどうして そんなにいいって言われるんでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑