甘酒って2種類あるの!?どっちがいいの?作れるの?

甘酒って寒い時に身体を温める飲み物としてしか捉えていませんでしたが、
実は凄い効果効能があったんですね。

甘酒は、点滴とほとんど同じ成分で出来ていて、
『飲む点滴』と呼ばれるほど栄養が豊富なのです。

甘酒

甘酒を作るには米麹からと酒粕からと2つの方法があります。

★米麹から作ると

・砂糖不使用なのでカロリーは低め
・アルコールを含まない
・お酒独特の匂いがない

★酒粕から作ると

・甘さを出すために砂糖を入れるためカロリー高め
・アルコールを含む
・お酒独特の匂いがある

酒粕にも素晴らしい栄養素がありますが、甘酒の効能を最大限に取りたいのであれば、
酒粕から作られた甘酒ではなく米麹から作られている甘酒を選ぶとよいようです。

一日に3種類の発酵食品を取ると良いと言われていますが、
甘酒は米麹と米を原料とした発酵食品ですし、

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や
システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸にブドウ糖等

『飲む点滴』と言われるに相応しい栄養素が含まれています。

甘酒が冬場の風邪の予防対策だけでなく、夏には夏バテに効き、
肥満抑制効果、腸内環境の改善アンチエイジングなどにも
効果があるといわれるのが分かります。

甘酒には9種類の必須アミノ酸が全て入っていて、アミノ酸で作られている
私たちのお肌の潤いを保っている天然保湿因子(NMF)作りに役に立っています。

米麹に含まれるコウジ酸には、
シミやくすみ・そばかすの原因にもなる
メラニン生成を抑える働きがあり美白にも期待できます。

人間にとって酵素は寿命にも関わる大切なものと言われていますが、
甘酒を発酵させてくれる麹が出す、100種類以上の酵素のおかげで
食べ物を食べた際、私たちの消化酵素を節約することができ
その結果、自身の限りある酵素を代謝へ回すことができるので
細胞の入れ替わりや、修復がスムーズに運びます。

結果、アンチエイジング効果が期待できるのです。

又オリゴ糖・食物繊維が腸の善玉菌を増やし免疫力をアップさせてくれます。

子供から大人まで、誰でも飲める甘酒ですが、【12本で送料無料】国菊 甘酒(あまざけ)等市販品
今はたくさん出回っています。

でも自宅で簡単に作る事も出来るんですよ。



私も乾燥麹・お米・水・炊飯器で作ってみました。

私は炊飯器でおかゆを作ってそれを60℃に冷ましてから
乾燥麹を砕いて入れ、炊飯器の蓋を開けて布巾をかぶせて
約7時間放置しただけです。

途中2回ほど混ぜましたが・・・

とっても簡単に作る事が出来ましたよ。

炊飯器で作ったせいか、真っ白じゃなくてほんのり色が付きましたが、
甘みも十分ありとっても美味しく出来ました。

NHK「あさイチ」で胸肉のパサつきを無くしジューシーに仕上げるのに
甘酒に浸すといいって言ってたので、早速TRYしました。

全くパサつき感無しで、安くってしかもイミダペプチド豊富な胸肉を
美味しく食べる事が出来ました(^^)

又ヨーグルトに混ぜて食べたり、勿論少し薄めて甘酒としても
美味しくいただいています。

小分けして冷凍庫で保管しています。

 

 


スポンサードリンク

関連記事

柚子を使いこなしてその恩恵を丸ごとゲット!

柚子は、日本では奈良時代から親しまれてきましたが、 その割には、焼き魚に搾ってかけたり、お吸い物に

記事を読む

炭酸水ってホントに身体にいいの?それとも悪いの?

炭酸水は、炭酸ガスを含む水で、通常の水と同じように体内に吸収されます。 炭酸水を水と同

記事を読む

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかないくらい大きなパワーを持っていま

記事を読む

シュガースクラブ 手作りで美肌を手に入れましょう!

これからの季節、半袖やサンダルなど、肌の露出が増えますが、 ガサガサのひざやかかとが気になって、素

記事を読む

アミノ酸とは? 意外と知られていない効果とスコア

アミノ酸とは私たちの身体そのものがアミノ酸でできていると言ってもいいほど 大きなウェイトを持つ

記事を読む

グレープフルーツと薬 相性が悪いって? その真相は?

グレープフルーツって「おいしくて、ヘルシー」と人気の果物です。 グレープフルーツは西イ

記事を読む

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありません。 活性酸素を生む要

記事を読む

アーモンドが持つ凄い力とは!?

人類はアーモンドを2千年以上も前から食べてきました。 が、今改めて注目されているのは、その小さ

記事を読む

こめ油って?危険?実際はどうなの?

最近こめ油への評価が上がっています。 植物油には、消費量が多い順に 菜種油、大豆油、コーン油、

記事を読む

「二の腕」のエクササイズは全身の老化も食い止めるって!?

「二の腕」のたるみが全身の老化に直結するって? 「二の腕」のたるみって鍛えにくいですよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑