アーモンドが持つ凄い力とは!?

人類はアーモンドを2千年以上も前から食べてきました。

が、今改めて注目されているのは、その小さな粒からは
想像も出来ないほどの多彩で優れた力を秘めているからのようです。

アーモンド1

①アンチエイジング

特に注目するのはアンチエイジングにかかわる効果です。

人間の身体は60兆個の細胞からなってますが、紫外線に晒されたり、
強いストレスを受けることなどによって、活性酸素が発生し
これが細胞に深刻なダメージを与えてしまいます。

その活性酸素によるさんかを阻止して細胞を守ってくれるのが
強い抗酸化作用を持つ「ビタミンE」です。

アーモンドは数ある食品の中でも、トップクラスのビタミンEの含有率を
誇ります。

アーモンド

②多彩な働きを持つ栄養素

アーモンドの脂肪は「オレイン酸」と言う不飽和脂肪酸が含まれています。

不飽和脂肪酸は酸化しにくいという性質に加え、善玉コレステロールを
減らすことなく、悪玉コレステロールだけを減らす働きを持っています。

アーモンドを食べれば、血糖値の上昇を緩やかにしたり、
タンパク質が糖化して細胞にダメージを」与える「糖化産物」(AGE)
の発生防ぐ効果も期待できます。

又ポリフェノールの一種であるフラボノイドも含まれていて、
ビタミンEやオレイン酸と共に強力な」「抗酸化ライン」を作ります。

更に、代謝や生理作用に欠かせないミネラル類のバランスもよく
女性に不足しがちなカルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、亜鉛、銅
と言ったミネラル類も含まれています。

アーモンドは間食としてもお勧めできますが、特に食前に数粒食べると
食物繊維をたっぷり摂取できるため、食べ過ぎを抑える効果も期待できます。

アーモンドを一日25粒食べると約3gの食物繊維を摂る事が出来るそうです。

アーモンド25粒

日本人の食事摂取基準(厚生労働省2015年版)によると食物繊維の
1日当たりの摂取目標量は30~49歳では男性20g・女性18gとなっていますが
実際の摂取量は年々減少していて1日当たり15g前後のようになってるとか・・・

毎日アーモンドをプラスすることで不足分を補う事が出来そうですね。

現代人は不規則で偏った食生活に陥りがちですが
アーモンドはそんな現代人を支えてくれる力を秘めている気がします。

食べるときは無塩無油のものを選びましょう。

 

 


スポンサードリンク

関連記事

スーパーフードって何?スーパーフード10種

最近食に対す意識がどんどん高まっています。 お腹がすいたから食べるという意識だけではなく、

記事を読む

ブロッコリースプラウト どれぐらい食べると身体が喜ぶのでしょう?

今朝の朝イチでも取り上げられていたブロッコリーとブロッコリースプラウト。 ブロッコリー

記事を読む

就活その前髪で行く?好感度アップの前髪作り方

就活では第一印象ってやっぱり大事ですね。 第一印象のほとんどは髪型で決まるんですって。

記事を読む

チアシードとは 徹底分析してみました~

チアシード(Chia seed)は、 古くはマヤ民族やアステカ民族の時代から 主要な栄養源のひと

記事を読む

レンコンで粘膜強化!「ノロウイルス」「インフルエンザ」等感染症予防に!

古くから食料としても大切にされてきたレンコンですが 最近では、驚きのレンコンパワーとして NHK

記事を読む

皮付きホットリンゴで健康効果アップ!その訳は?

リンゴは「医者知らず」と言われるほど、栄養価が高く、 世界中で愛され続けています。

記事を読む

アミノ酸とは? 意外と知られていない効果とスコア

アミノ酸とは私たちの身体そのものがアミノ酸でできていると言ってもいいほど 大きなウェイトを持つ

記事を読む

グレープフルーツと薬 相性が悪いって? その真相は?

グレープフルーツって「おいしくて、ヘルシー」と人気の果物です。 グレープフルーツは西イ

記事を読む

亜麻仁油 えごま油ってどうなの?

亜麻仁油もえごま油もオメガ3脂肪酸が豊富な点で優れた栄養価を持つ油として 知られています。

記事を読む

今迄の卵の常識丸つぶれ!? 卵の新常識のあれこれ!

最近卵への認識が変わってきました。 卵の栄養成分や、ちょっと気になるコレステロールとの関係をお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑