2015年 母の日 プレゼント何がいいかしら…

母の日は5月の第2日曜日ですね。と言うことは2015年は5月10日ですね。

母の日のプレゼントもう決めましたか?

カーネーションは“母と子”や“母性愛”を象徴する花。

2013y04m16d_032322077

 

十字架にかけられたキリストを見送った聖母マリアが
落とした涙から生じた花だと言われており、
白いカーネーションは十字架にかけられる前のキリストとマリアを、
赤いカーネーションはキリストの体から散った血の色や復活したキリストを象徴しています。

母の日」の由来は

アメリカ人のアンナ・ジャービスと言う女性が
5月の第二日曜日に前日亡くなった母親のミセス・ジャービスを偲んで
教会で“母と子”や“母性愛”を象徴する花である
白いカーネーションを配ったところから来ているようです。

その後アンナの提案で、母の存命する者は赤いカーネーションを、
母を亡くした者は白いカーネーションを自分の胸につけるようになり、
やがて母へ花を贈るようになったそうです。

最近はピンクやオレンジなど色々なカーネーションがあり人気があるようですし、
食べられるカーネーションなどもあるようです。

img_51fad5cbf412f5aa24e63728b8e45fbc81865

 

又母親の好きな花や長く楽しめる鉢植えやプリザードフラワーも喜ばれることでしょう。
Web店舗には母の日用のサービスがたくさんあり便利です。

定番のお花のプレゼントも
産んでくれてありがとう、
生きていてくれてありがとう。
そんな想いをグリーティングカードに込めて贈るのもいいかもしれません。

母の日は感謝を伝える絶好のチャンスです。

お花以外のギフトもニーズが高いですが
母親の暮らしぶりや嗜好をよく考えて、好きなもの、あると便利なもの、
心が弾むものなど、母の姿を思うことからギフト選びを始めると、
気の利いたものが贈れそうですね。

母の日にハンドメイドの品を贈るのも素敵。

手作り
・食事会にお招きするのも。
・アロマで癒しを贈るのもいいかもしれません。

アロマ
・さり気なく気持ちを伝えたいという時に、昔から人の想いを伝える道具でもあった
ハンカチーフを、あなたらしいスタイルで贈っても素敵です。
・何といってもはずれのないのがスウィーツですね。

 

年に一度の「母の日」心を込めて感謝を伝えたいですね♪


スポンサードリンク

関連記事

ホタル祭りに行ってホタルを見よう~東京都

東京のホテル祭り、もう終わっちゃったのは省きました。 以下参考にして下さいね。 ●港区 白金

記事を読む

浴衣レッスン③階段の上り下りと車の乗り降り

着なれない浴衣や着物で目の前に階段が立ちはだかったとき 思わず、ハタと立ち止まってしまいそうですね

記事を読む

サンシュユ 春を告げる!

サンシュユは春を告げる花木のひとつとして切り花や庭木、公園樹として親しまれています。

記事を読む

あじさいスポットとあじさい祭り京都府

★舞鶴自然文化園 この時期 50種「ひと目五万本」のアジサイで埋め尽くされ 「アジサ

記事を読む

ネモフィラ 「死ぬまでに行きたい!日本の中の世界の絶景」青!

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園。 国が設置した四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる国

記事を読む

キビタキ 美しい声と姿!ナルシッス フライングキャッチャー

キビタキ【narcissus flycatcher】は 鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。

記事を読む

あじさい祭り 茨城県

あじさいの美しく映える季節になってきました。 茨城県のあじさいの情報です♪ ・保和苑

記事を読む

らっきょうの栄養とその食べ方

らっきょうの旬は5月頃から始まり、7月頃まで続きます。 最も多く作っているのは鹿児島県で次いで

記事を読む

カツオ 旬 人気はなぜ?寿命がのびる?

初カツオは、「カツオのたたき」が人気。薬味をたっぷりかけて旬を頂きたいですね。 カツオ

記事を読む

浴衣レッスン ①浴衣を着た時の トイレの仕方

折角女っぷりを上げるために着た浴衣。 でも着なれていないとトイレはどうすればって戸惑っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑