2015年 母の日 プレゼント何がいいかしら…

母の日は5月の第2日曜日ですね。と言うことは2015年は5月10日ですね。

母の日のプレゼントもう決めましたか?

カーネーションは“母と子”や“母性愛”を象徴する花。

2013y04m16d_032322077

 

十字架にかけられたキリストを見送った聖母マリアが
落とした涙から生じた花だと言われており、
白いカーネーションは十字架にかけられる前のキリストとマリアを、
赤いカーネーションはキリストの体から散った血の色や復活したキリストを象徴しています。

母の日」の由来は

アメリカ人のアンナ・ジャービスと言う女性が
5月の第二日曜日に前日亡くなった母親のミセス・ジャービスを偲んで
教会で“母と子”や“母性愛”を象徴する花である
白いカーネーションを配ったところから来ているようです。

その後アンナの提案で、母の存命する者は赤いカーネーションを、
母を亡くした者は白いカーネーションを自分の胸につけるようになり、
やがて母へ花を贈るようになったそうです。

最近はピンクやオレンジなど色々なカーネーションがあり人気があるようですし、
食べられるカーネーションなどもあるようです。

img_51fad5cbf412f5aa24e63728b8e45fbc81865

 

又母親の好きな花や長く楽しめる鉢植えやプリザードフラワーも喜ばれることでしょう。
Web店舗には母の日用のサービスがたくさんあり便利です。

定番のお花のプレゼントも
産んでくれてありがとう、
生きていてくれてありがとう。
そんな想いをグリーティングカードに込めて贈るのもいいかもしれません。

母の日は感謝を伝える絶好のチャンスです。

お花以外のギフトもニーズが高いですが
母親の暮らしぶりや嗜好をよく考えて、好きなもの、あると便利なもの、
心が弾むものなど、母の姿を思うことからギフト選びを始めると、
気の利いたものが贈れそうですね。

母の日にハンドメイドの品を贈るのも素敵。

手作り
・食事会にお招きするのも。
・アロマで癒しを贈るのもいいかもしれません。

アロマ
・さり気なく気持ちを伝えたいという時に、昔から人の想いを伝える道具でもあった
ハンカチーフを、あなたらしいスタイルで贈っても素敵です。
・何といってもはずれのないのがスウィーツですね。

 

年に一度の「母の日」心を込めて感謝を伝えたいですね♪


スポンサードリンク

関連記事

ニラ・花ニラ・黄ニラって?旬はいつ?栄養や食べ方は?

春から秋にかけて、同じ株から何度も収穫できるので、年間を通して出回っています。 中国や東アジア

記事を読む

あじさいスポットあじさい祭り 奈良県

●長谷寺 長谷寺は四季それぞれの花が咲く花の寺として多くの人々に人気があります。 6

記事を読む

あじさい祭り 埼玉県

・吉祥寺 毎年6月(土・日)「吉祥寺あじさい弁天まつり」が開催されます。 北関東を代

記事を読む

沈丁花(ジンチョウゲ)の香りはお好きですか?

今年も沈丁花の香りがそこここでしてきました。 沈丁花の開花は、その姿を見るより先に匂いで分かる

記事を読む

ホタル祭りに行ってホタルを見よう~東京都

東京のホテル祭り、もう終わっちゃったのは省きました。 以下参考にして下さいね。 ●港区 白金

記事を読む

土用の丑の日はウナギ!1度で3度美味しい名古屋名物「ひつまぶし」厳選8店 

7月24日は土用の丑の日ですね。 夏の暑さでバテ気味な身体にビタミンA・B1・B2・D・Eやミ

記事を読む

あじさいスポット あじさい祭り 兵庫県

●神戸市立森林植物園 甲子園球場の約35倍を誇る神戸市立森林植物園。 神戸市

記事を読む

花桃 その見事さ!

花桃 はバラ目バラ科サクラ属の耐寒性落葉低木です。 花を観賞するために改良されたモモで、花つき

記事を読む

イースター2015年はいつ?イースターエッグやうさぎって?

イースターとはキリスト教の文化で、キリスト教の行事の中でも最も重要なもので 十字架に架けられたイエ

記事を読む

コンクリート壁に、小さな赤いムシ…タカラダニ・人への被害は?危険?

若葉の季節、5月から梅雨に入る6月にかけて大量に発生・・・ 8月には全然見かけなくなる不思議な赤い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ファスティングってどうなのかな?

最近よく耳にするファスティングとは本来「絶食療養法」とか「絶食療法」と

「山の日」その魅力

8月11日は2016年スタートの祝日です。 なんの日なんでしょう

糖化を防ぐ「低GI値」の食品って?

甘いものを我慢して我慢して、 ストレスを溜めのもカラダには良くありま

糖化 「体のコゲ」の原因と予防

近年、老化を早める原因として注目されているのが、酸化と糖化です。

植物のパワーで室内の有害物質をデトックス

植物は、強い風にも、激しい日差しにも耐えて、 私たちの想像もつかない

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑